• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週末エクササイズ!

1日たった10分でできる 4つの筋膜リリース

2017年10月8日

6方向の筋膜のつながりにアプローチする筋膜リリースを紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回「悪い姿勢や座りっぱなし 筋膜がよじれる原因に」では、筋膜のつながりで腕や脚、胴体のなめらかな動きがサポートされていることが分かりました。よじれは放っておくと全身に波及。よじれが固まらないよう、今回は6方向の筋膜のつながりにアプローチする4つの筋膜リリースを紹介しましょう。

 筋膜のつながりに沿った4つの「筋膜リリース」。「人それぞれ、肩甲骨のあたり、腰、ふくらはぎなど、突っ張りを感じる部分が異なるはず。引っかかりを感じるところが筋膜の“よじれポイント”と認識するといい」と首都大学東京大学院の竹井仁教授。

 カギは90秒間かけることだ。実は、そういったよじれた筋膜部分は、「ゼラチンのように固まって“ゲル化”している」(竹井教授)。筋膜がよじれた部分では、深筋膜や筋外膜のコラーゲンやエラスチンといった線維が一部分に寄り集まり、本来はさらさらの水溶液、つまり“ゾル”状である基質が脱水してゼラチンのような粘っこい“ゲル”になっている。しかし、このように煮こごり状態になった筋膜も、90秒間、伸ばすことでほぐれてくるという。

 次のページで、6方向の筋膜のつながりにアプローチする4つの筋膜リリースをご紹介しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ