前回の「デスクワークの人必見 お腹が凹むひねるダイエット」では、基本のひねるだけダイエットをご紹介しました。基本ができたら、次は応用編。寝たまま膝を左右に倒し、お腹から腰にかけて軽くひねりながら、ゆるゆる脱力していくストレッチです。硬いお腹と腰をほぐして、くびれやすい体を作りましょう。

 「ひねるだけストレッチ」の応用編は、いずれも寝そべった状態でひざを左右に倒す動き。ポイントは、ひざを倒したときに、しっかり脱力すること。「ひざを倒した反動でかすかに揺れる、という脱力を最初は難しく感じるかもしれないが、慣れてくると足先から頭まで連動して揺れるように。揺れが収まり脱力しきってから反対側に倒して」とパーソナルトレーナーの本間洋平さん。

 特に、足を大きく開いて倒す「大またでひねるだけストレッチ」は、「お腹だけでなく、骨盤まわり、股関節や腰をほぐす効果が高い。お尻を引き締めたい人や、下半身のむくみが気になる人にお薦め」(本間さん)。

 注意したいのは「痛みを感じる場合はやらない」こと。「ストレッチのときに痛みを感じると、損傷から体を守ろうとする“伸張反射”が起こる。このようなときにさらに無理をすると筋膜などを傷める危険があるので、痛みを感じない範囲で行いたい」と渋谷DSクリニックの林博之院長。

 簡単な動きだが、繰り返すと汗が出てくる。「運動前に行うと代謝が上がりやすくなり、運動効果も高まる」(本間さん)。回数は、気持ちいい程度に繰り返そう。