• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の脱毛研究会

美容皮膚科の脱毛 サロンとの違い&リアル自腹体験談(3/4)

2017年10月4日

日焼けしない「今から」がおすすめ 医療脱毛のギモン解決 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 読者アンケートでは、脱毛経験の中で最も多かったのが「ワキ」(96.5%)でした。照射範囲が狭いため費用が安く、脱毛デビューに人気の部位となっているようです。次に多かったのが、「脚(ひざ下)」(64.0%)、次が「Vライン」(58.5%)という意外な結果に。なんと、クリニックやサロンでVラインを脱毛している人は、「腕」(51.0%)よりも多かったのです! アンケートには、未経験者の「VIO脱毛に挑戦してみたい」という声も。露出の少ないVIO部分を脱毛するメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

***

VIO脱毛のメリットは3つ

 VIO脱毛のメリットをまとめると次の3つが挙げられます。

【VIO脱毛のメリット】
 1.衛生的、ニオイも軽減
 2.ナプキンかぶれが軽減される
 3.性交痛の対策になる

VIO脱毛をするメリットは4つ(C)PIXTA

 「毛がなくなると月経血の付着が減るので衛生的。また、医療レーザーを照射すると、毛包(毛を作る器官)に付属しているアポクリン汗腺の機能も低下するので、イヤなニオイも軽減されます。また、月経時にナプキンでかぶれたり、痒くなるのは蒸れが原因です。特に働く女性はストッキングを着用することも多く、ショーツの中が蒸れやすくなりますが、脱毛すると、かなり蒸れにくくなります。さらに、毛の巻き込みによる性交痛の対策にもなります」

 また、VIO脱毛は、クリニックで行うほうがメリットがある、とも。

 「レーザーを照射するとき、メラニン色素が濃い部分なので痛みが強く、やけどのリスクも高いので医師の管理下が安心です。VIOラインの照射を行っているエステもありますが、麻酔はできないので痛みがあると思います。クリニックでは塗るタイプの麻酔で痛みを軽減し、医師が様子を見ながら出力を調整するので、痛みが我慢できないという人はいらっしゃいません。また、」(慶田さん)

 もっと詳しく読みたい人は、過去記事「カミソリ負け&放置しがちなVIO 医療脱毛メリット4つ」をお読みください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ