• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ウーマン・オブ・ザ・イヤー

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018発表!(2/5)

2017年12月1日

大賞は、日本初の「シワ改善」医薬部外品コスメを開発したポーラ化成工業の末延則子さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018受賞者

大賞 末延則子さん(51歳) すえのぶ・のりこ

ポーラ化成工業 研究企画担当 執行役員

15年間、“どん底”に負けず日本初となる
シワを改善する薬用化粧品を開発
2017年最大のヒットコスメを生み出したチームリーダー

 1966年生まれ。91年に研究職としてポーラ化成工業に入社。2002年に皮膚薬剤研究所配属となり、「シワに効く」と効果を伝えることができる医薬部外品を目指して、研究開発をスタートする。

 約5400種類もの中から、シワ改善効果に繋がる有効成分を発見。しかし、医薬部外品申請に必要な、成分の安定性を確保し、製品化が可能な状態になるまで7年かかった。

 医薬部外品として販売するため、09年に厚生労働省に承認申請。可能性が見えてきた矢先の13年、他社の医薬部外品の美白化粧品で、肌がまだらに白くなる症状が出る「白斑問題」が起こり、医薬部外品の審査が厳格化する。しかし末延さんは諦めず、「審査で重要になるのは安全性」と、次の行動を判断。改めて、大規模で長期に渡る安全性の実証試験を行なった。その努力が実り、16年7月に、日本初となる「シワ改善」の医薬部外品が承認された。

 ポーラの「リンクルショット メディカル セラム」(20g 1万5000円・税別)は、2017年1月1日に発売開始。9カ月で売上累計80万個、売上総額約112億円を達成した。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ウーマン・オブ・ザ・イヤー働き方お仕事術就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ