アイメイクが原因のドライアイって?

 パソコンやスマートフォンに加えて、女性が注意したいのがアイメイク。まぶたのふち、まつげの生え際の近くには油を分泌する「マイボーム腺」というものがあり、涙の蒸発を防ぐ役割を果たしています。ところがここにアイメイクによる汚れや細菌がつくと、油が出なくなってドライアイが進行するそうです。

 また、ドライアイの主な症状は文字通り「目の乾燥」だけだと思われがちですが、実はそうではないと堀さんは言います。「ドライアイの患者さんにアンケートを取ると、目が乾く、ゴロゴロするというほかに、目が疲れるとかかすむといった、眼精疲労のように思える症状も多いです。ドライアイは感覚的なことだけではなく、書類やパソコン画面が見えづらくなるなど、視機能にも関係していることが研究で分かってきています」(堀さん)

 角膜が涙で覆われていないと目の表面がでこぼこした状態になり、それによって見えづらくなるそうです。

「ドライアイは視機能にも関係していることが分かってきています」と堀さん

目を疲れないようにして、ドライアイを防ぐ

 では、ドライアイ予防のためには何をすればいいのでしょうか。堀さんが挙げたのが、「目を疲れないようにする」「まぶたのお手入れ」「こまめに点眼」の3点です。

 まずは目の疲労を避けることについて。「長時間パソコンを見たりせず、疲れる前に目を休めること」と堀さんは強調します。また、寝る前のスマートフォンも疲労につながるそう。「ブルーライトがよくないと言われていますので控えた方がいいかもしれません」(堀さん)