• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

WOMAN EXPO TOKYO 2016 Winter

【イベント報告】ウーマンエキスポ注目の商品、一挙ご紹介!

2017年1月23日

WOMAN EXPO TOKYO 2016 winter ブース&サンプリングレポート!(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

12月3日、大好評のうちに閉幕したWOMAN EXPO TOKYO 2016 winter。「キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる! 自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマン」を応援する各企業による展示ブースも大人気でした! 会場で展示された注目の商品を紹介します。

薔薇の香りに包まれて、リッチなボディケア(ディシラ)

 ここちいいと感じることで、肌と心を美しくするブランド ディシラ。このたび25周年を迎え、会場では10月にリニューアルされたばかりのボディーケアシリーズ4品(ボディーウォッシュ、ボディーリンス、ボディーオイルセラム、バスタブレット)が紹介されました。ディシラが一貫して大切にしてきたのが、薔薇を取り入れたアイテム作り。ボディーケアは毎日のことだからこそ、ただのルーティンにするのではなく、使う喜びや楽しみを味わってもらいたいと考える姿勢は、天然香料をふんだんに使った製品作りにも表れています。薔薇の産地として有名なブルガリアの「薔薇の谷」で採れた、薔薇のエッセンスやオイルを使用したボディーウォッシュやボディーリンス、ボディーオイルセラムのライン使いで、毎晩のバスタイムが至福のひとときに変わります。ボディーケア紹介後、シリーズ4品のサンプルをお渡ししたほか、ボディーオイルセラムを体感することができ、ブースにはリッチな香りが立ち込めました。また、「薔薇の谷」をイメージした写真パネルをバックに、薔薇の花冠やブーケを身につけて写真撮影できるゾーンも準備され、多くの来場者が写真撮影を楽しんでいました。

手軽にできる「本de寄付」で、社会貢献がグッと身近に(環境再生保全機構)

 自然保護に関心の高い女性は多いですが、「具体的にどうしたらいいかがわからない」という声も聞かれます。独立行政法人環境再生保全機構の主催する「地球環境基金」は、環境NGO・NPOが国内や開発途上地域で行う環境保全活動を支援しています。今回は、働く女性にもっと活動内容を知ってもらいたいとして出展。会場では、おいしいお米の田んぼづくりから食卓へ届くまでの流れをレクチャーするコーナーを準備。また、外来生物について考える「サイコロパズル」も用意され、楽しく活動内容を学ぶことができました。そのほか「本de寄付」を紹介。これは家庭や職場で不要になった本やCD・DVD・ゲームなどを事前申し込みしたうえで送ると、その買取金額が地球環境基金へ寄贈者の名前で寄付されるというもの。「社会貢献活動というと敷居の高い印象だけど、これなら簡単にできそう」「断捨離ついでに、環境保護に貢献できるならぜひやってみたい」と、意識の高い来場者からの声が聞かれました。「本de寄付」を当日ブースで申し込んだ人には、オリジナルのエコバッグがプレゼントされました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ