• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一度は行きたい! 週末行ける離島旅のススメ

2017年1月20日

はなさんと平井理央さんによる女子旅のススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

12月3日(土)に東京ミッドタウンで行われた、働く女性を応援するイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2016 Winter」。キャリアアップから美容まで多彩なテーマでお届けしたセッションの中から、モデルのはなさんとフリーアナウンサーの平井理央さんが登場した「自分らしい自分にリセットする、週末女子旅のススメ~福岡発! 九州離島に出かけよう~」の様子をリポートします。

はなさんと平井さんの福岡おすすめスポットは…?

 福岡から直行で行ける5つの島の自治体が福岡市と連携し、離島の魅力を発信する「Re島プロジェクト」。本セッションでは、プロジェクトに参加する対馬、壱岐、五島列島の新上五島町と五島市、そして屋久島を実際に訪れたはなさんと平井さんが、魅力的なスポットの数々を写真とともに紹介しました。

 島というと行くのが大変そうなイメージがありますが、東京から福岡までは飛行機でわずか1時間半。たとえば壱岐なら空港から博多港へ移動して高速船で1時間程度と、実は週末でも気軽に出かけられる場所です。

 まずは離島旅の起点となる福岡のおすすめスポットをピックアップ。はなさんが紹介するのは縁結びの神様としても知られる櫛田神社です。「一歩足を踏み入れるとすごくいい気が流れていて、ほっとする気持ちにさせられます」。高さ10メートル以上の色鮮やかな山笠や、持ち上げようとしても重くてびくともしない「試石」など、境内には見どころも豊富です。

 一方平井さんは、福岡グルメの定番、水炊き料理の「とり田」へ。「福岡にしかお店がなく、まさにここでしか食べられない味。コース料理はぷりっぷりの鶏にたっぷりの野菜、さらにゴマサバや鶏の天ぷらもついて、非常に凝縮された内容でした」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ