• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の手帳 2017

1日1ページ手帳派がバーチカルを試したら超軽量化!

2016年12月12日

「ほぼ日手帳」愛好家が「NOLTY キャレル」バーチカルに挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

1日1ページが特徴の「ほぼ日手帳」を愛用してきたアラサーライターYが、バーチカルタイプ「NOLTY キャレル」を使ってみました。これまでの手帳に比べ、サイズも厚みもぐっと縮まったコンパクトなノルティ。使い方の変化についてレポートします!

「ほぼ日手帳」大好き! でもちょっと重い…

 ほぼ日手帳を初めて使ったのは、2007年のこと。それからすっかりハマって、毎年使い続けてきました。

 ただ、最近気になってきたのがその重さ。ほぼ日手帳の大きな特徴は「1日1ページ」で、ページ数が多いので、スケジュール管理もメモもすべて1冊で収まるんですよね。もちろんそこが気に入っているのですが、普段からとても荷物が多い私は、どうにか手帳を軽量化できないだろうか…と考え始めました。

 そこで目が留まったのが「NOLTY キャレル」。それまで使っていた「ほぼ日手帳 カズン」より一回り小さいA6サイズです。マンスリーとウィークリーで構成されているので、厚みも全然違います。荷物の軽量化のため、ノルティを使いこなしてみようと決意しました。

「ほぼ日手帳 カズン」と「NOLTY キャレル」を比べてみると…小さい! 手帳がこんなに小さいものだとは何年も知りませんでした

「NOLTY キャレル」をデジタルと組み合わせて軽量化!

 今までは、スケジュール・目標・時間・タスクの管理、そしてメモをすべて1冊で管理していました。しかし軽量化にあたってこのままでは無理! 使い方を一から見直しました。

 まず、スケジュール管理にはデジタルを導入。変更も簡単にできるスマートフォンのアプリで管理することにして、マンスリー欄には、大まかな予定と必ず守らなくてはならない仕事の納品日のみ記入しました。

赤字が予定、青字が納品日。これだけ書いてあれば、その日、その週の忙しさが想像できます
毎週目標をあれこれ立てているのですが、これはマンスリーの日付外に記入

 予定を「10:00」などと時間まで書き込もうかとも思ったのですが、ごちゃごちゃしてしまいそうなのでやめました。しかし、これが良かった! シンプルにその月の動きがわかるので、後で「この月はどんな仕事をしていたっけ?」と振り返った時の参考にもなりそうです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術コミュニケーション術働き方PC・スマホ整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ