• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の手帳 2017

読者の4割がマンスリー手帳派 選んだ理由と使い方

2016年11月15日

使っている手帳への満足度や実際の使い方など、読者の声を大公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

そろそろ来年の手帳を選ぶ時期になってきました。1年にわたって毎日使う手帳は、働く女性にとって公私ともに大切なパートナー。自分の好みと生活スタイルに合わせて、満足できるものを選びたいですね。日経ウーマンオンラインでは、「働く女性の手帳事情」についてアンケートを行い、608人の方から回答いただきました。その興味深い内容をお届けします。

読者が使っている手帳はどんなタイプ? (C) PIXTA

【アンケート概要】
■調査期間:2016年10月13日~11月13日 ■回答者:女性608人 ■平均年齢:38.8歳 ■ライフスタイル:独身52.5%、既婚(子どもあり)25.0%、既婚(子どもなし)16.3% 

日々のスケジュール管理はアナログ派が5割!

 「日々のスケジュール管理で、あなたはアナログ派ですか?デジタル派ですか?」という質問に対して、「アナログ派」が半数を超え、「アナログ&デジタルの両方」も4割弱に。今でも9割以上がアナログでスケジュールを管理しており、「デジタル派」は1割に満たないことがわかりました。

日々のスケジュール管理はアナログ派が5割 (円グラフの数字は小数点第二位以下を四捨五入しているため、合計すると100を超えます)

メインで使うのは「マンスリー手帳」が主流

 「今年、メインで使っているアナログの手帳(スケジュール管理ツール)について聞かせてください。その手帳はどんなタイプですか?」という質問には、4割以上が「マンスリー手帳(1カ月見開きの月間)」と回答。続く「バーチカル手帳(縦に時間軸があるウィークリー)」、「レフト式手帳(左がスケジュール、右がノート)」を引き離し、マンスリー手帳の高い人気ぶりがうかがえます。

 次ページでは、手帳満足度90点以上の読者が使っている手帳と満足度の理由を聞いてみました。

メインで使うのは「マンスリー手帳派」が主流 (円グラフの数字は小数点第二位以下を四捨五入しているため、合計すると100を超えます)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術コミュニケーション術働き方PC・スマホ整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ