今月の試食は、日経ヘルス4月号「やせやすい体をつくる、貧血を防ぎ、血管から若返る 女性のための肉食ダイエット」から、何品か作ってみることになった。ページをめくってみると、おお「肉・肉・肉」な感じ。一瞬間違えて「オレ●ジページ」を買っちゃったかと思うほど「お肉がっつり」な感じだ。どれもこれも美味しそうだなぁ。

 確かに私の周囲にいる年齢不詳でパワフルというか「美魔女」系の人って「お肉バンザイ」なことが多い。わんこそば状態でお肉が食べられるシュラスコも大好きだ。だから肉がアンチエイジング食材だってことはわかる。でも「ダイエット食材」だというイメージはない。でも、お肉の選び方と食べ方で「必ずやせる」そうなのだ。くわしくは本誌の記事を読んでもらうとして、ここでは医師が推奨する「3つのおきて」だけ抜き書きしておこう。

【肉食ダイエット 3つのおきて】
・肉を1日200~300g食べる
・野菜とキノコを、肉と同じ量とる
・糖質摂取量を減らす

 確かに、お肉がメインだと満足感があるよな。でもパンとかご飯もちょっとは食べたい……などと考えながら材料を買いに。なんと、たまたま通りがかったスーパーで肉の特売をやっていた。あちこちに「お肉の日」のノボリが立っているじゃないか。確かにいつもより安い&種類がいっぱいあるっ! 肉売り場からの追い風を受けて、今回は失敗する気がしないねぇ♪ とりあえず、豚、牛、鶏から1品ずつチョイスして挑戦だ。