• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

華あるファーストレディ~彼女たちの本当の立場と仕事

2017年4月18日

ファーストレディのお給料は? 公人? 私人?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。著述・翻訳家の上野陽子です。安倍晋三首相夫人の昭恵さんの森友学園問題で、首相夫人の立場が話題になりました。昭恵夫人の活動的な様子は、よくアメリカのファーストレディとも比べられます。今回は、そもそもファーストレディの立場や仕事はどんなものか。そして、美女も多い各国のファーストレディたちを見ていきましょう。

「ファーストレディ」の立場や仕事はさまざま (C) PIXTA

ファーストレディのお給料は?

 海外のファーストレディたちは、華やかな印象の人も多いもの。日本人が並ぶと気後れするような容姿で、会談に同席する姿を目にします。そもそもファーストレディとは、王室や皇室を持たないアメリカの大統領夫人を指す言葉でした。今では一般的に各国の首脳(首相・大統領)夫人全般を指すことが多いようです。

 大統領夫人が「ファーストレディ」と呼ばれるようになった時期は諸説ありながら、アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンのマーサ夫人についた呼び名は「レディ(高貴な女性)ワシントン」。第16代エイブラハム・リンカーン大統領のメアリー夫人あたりから、「ファースト(第一級の、最高位の)レディ」と呼ばれるようなったとの一説が聞かれます。

 その役割は、例えば大統領の公務へ同伴や、代理で公式行事への出席など。ホワイトハウスに専用オフィスを置いて専属のスタッフも抱え、要人やその夫人のホスト役を務めるなど、日本よりもやや公職寄りなのが特徴です。

 でも、公職ではないためアメリカ合衆国憲法でも定義されておらず、もちろん給料もありません(※1)。ファーストレディは選挙で選ばれたわけではなく、公人とは言い切れない立場なのです。

 さて、日本では首相夫人がこのファーストレディにあたりますが、どんな存在なのか、目立った活動をしてきた夫人たちから見ていきましょう。

※1:ちなみに、米国大統領の給料は40万ドル(日本円にしておよそ4300万円前後)。トランプ大統領は受け取らないと公約し、就任から3月末までの給料(7万8333ドル32セント=約868万円)はすべて国立公園局に寄付している

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュースを手がける。仕事と趣味で世界50カ国以上を周る旅好き。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)ほか多数。 ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ