• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

嶋田ちあき直伝メイク 時短で美肌を手に入れるワザ

2018年1月18日

ダークカラーとマッドな質感が実現する、この冬の旬メイクも伝授!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 輝くワーキングウーマンのためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017 Winter」が、12月2日、3日に東京ミッドタウン(東京・港区)で開催されました。12月2日に行われた、ヘアメイクアップアーティスト・嶋田ちあきさんによるメイクレッスン、「手間も技術も必要なし! 私たちの「美しい肌」は簡単でなくっちゃ!」では、約1200人の応募の中から選ばれた女性たちが来場。忙しい朝もあっという間にきれいな肌を作るためのポイントを、嶋田さんが実演を交えながら教えてくれました。

ヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさん、モデルの鈴木亜美さん、聞き手は「etRouge」麻生綾編集長

ベースメイクの達人・嶋田さんが分かりやすく実演!

 朝起きて、心を無にして、化粧する。そんな毎日を送っているうちに早幾年、年齢も肌も変わっているはずなのにメイクはそのまま、なんてことはありませんか? そんなあなたの肌を簡単に美しく見せるメイクテクニックを教えてくれるのが、ヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさんです。日経BP社の美容雑誌「etRouge」9月号にも登場した鈴木亜美さんをモデルに、すっぴんの状態から作るベースメイク、そしてカラーと質感がポイントの旬顔メイクまでを分かりやすく解説していただきました。

(1)ベースメイク:下地

 嶋田さんのデモンストレーションは、いつも下地作りからスタート。20代の頃には気にならなかった「肌質」が気になり始める30代ですが、30代後半から40代にかけては、さらにベースメイクの難しさを感じ始める年齢です。ついついファンデーションを重ね塗りしてしまう、という方も少なくないのではないでしょうか。

 嶋田さんは、「男性から見ると、ファンデーションが濃い女性は厚化粧だな、という印象を持ってしまいがちなんです。なので、ファンデーションはなるべく薄く、その代わりベースをしっかり作ってあげる、ということがフレッシュに見えるポイントなんです」と語ります。

「ファンデーションはなるべく薄く、その代わりベースをしっかり作ってあげることがポイントです」(嶋田さん)

 そこで登場するのが、嶋田さんがプロデュースする化粧下地「BRILLIAGE(ブリリアージュ) メイクアップベース フェイスレスポンサー」です。顔全体に薄く伸ばしていくと、肌の表面のでこぼこをカバーしてキメの整った肌にしてくれるこの下地。一番くすみがちになる下まつ毛の下にも、しっかりと下地を塗るのがポイントだそうです。

 ちなみに発売から10年がたつロングセラーアイテムですが、一度も改良や変更などをしていないそう。「もしかしたらこれ以上のものが作れるかな? と思って試したこともあったんですが、どうしても超えるものができなかったんです」と、嶋田さん自身もブリリアージュに絶対的な信頼を寄せていることを教えてくれました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ