• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

タラレバ世代に告ぐ 婚活は3つの条件を外すべし

2017年2月2日

東京タラレバ娘(後編)主人公・倫子が結婚できない環境要因

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

婚活ビジネスに詳しいコンサルタントの西口敦さんが、恋愛を“戦略的に”とらえてアドバイスする恋愛リレキショのコーナー。ドラマ『東京タラレバ娘』の放送にちなんで、主人公・倫子が結婚するために必要なことを教えてもらいます!

前編はこちら → タラレバ世代よ、結婚式が決まるまで恋バナするな!

「日本の男はみんなロリコン」なの?

――序盤でショックなのが、ディレクターの早坂さん(30代)が倫子の事務所でアシスタントをしているマミちゃん(19歳)を選ぶこと。そのあと女子会で「日本の男はみなロリコン」なんて台詞も出てきますけど、男性はあのシーン、どう見ているんでしょう?

 ロリコンという言葉が適切かは置いといて、これは日本だけじゃなく世界共通です。今さらショックを受けることでもない。

 たとえば、ドナルド・トランプが2回目、3回目の結婚で同い年くらいの女性を選んでいますか? ジョージ・クルーニーはどうです? ドナルド・トランプの現在の奥さんは元スーパーモデルで20歳以上年下ですし、ジョージ・クルーニーの結婚相手は10以上年下の美人弁護士ですね。地位や資産のある人だからこそ本音が表れる。つまり、そういうことです。

あなたが憧れる男性の「花嫁」はどんな人? (C) PIXTA

――改めて言われるとショックですね…。

 ショックも何も、これが事実です。だから、逆に倫子も年上を狙えばいいんですよ。

――KEY(20代のモデル)にときめいている場合ではない、と。

 でも、女性は本能的にKEYみたいな男性を求めていますよね。一枚も二枚も上手で、自分の意見を持っていて俺様ドSな感じのイケメンをね。そして、極めて都合よく、こういう男が自分だけを見てくれることを期待してる。この手の男はモテるから、現実には複数の相手と付き合ったりしますよ。

――原作でも、コミックス2巻以降は不倫やセカンドという報われない恋愛のオンパレードです。

 そうでしょうね。なぜなら、セカンドに甘んじる方が、それなりにいい男と付き合えるからです。

――なんだかまた、つらくなる予感が…。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西口 敦
西口 敦(にしぐち・あつし)
戦略コンサルタント、西口敦事務所代表。1968年生まれ。東京大学法学部卒業。外資系コンサルティング(A.T.カーニー、ボストン コンサルティング グループ) や金融業界(長銀、AMEX、UBS)を経て、結婚情報サービス大手であるオーネットにて、マーケティングと経営企画の責任者を務めた。著書に「普通のダンナがなぜ見つからない?」(文藝春秋)がある
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ