• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

好かれる香水 さっぱり系は卒業、今旬は○○な香り

2017年1月6日

香りの好みの変化に合わせて、好感度の高い香水を選ぼう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ビューティーケアのポイントを、男性美容研究家・藤村岳さんが男性の美容事情を踏まえて解説する連載「これがオンナの美容道」。今回は、チョイスが悩ましい香りについての考察です。2017年は、人から好かれる素敵な香りをまとって、自信につなげたいですね。

 みなさん、こんにちは男性美容研究家の藤村岳です。新年をどんな気分で迎えられているでしょうか? きっと清々しい気持ちでいっぱいのことと思います。

 ちょっと強引ですが「清々しい」といえば、クールや清潔感というワードが連想されますよね。そして、そんなありきたりな形容で括られてきたのが男性の香り。ただ最近では男性の香りの好みが変化してきているのをご存じですか。

 柔軟剤ブームなども記憶に新しいところで、ボクの本業であるコスメや香水にもそんな香りの志向が反映されてくるようになってきました。今回は、男女を取り巻く香り事情についてお話ししてみましょう。

好きな香りを好きと言いたい! (C)PIXTA

香りに存在する男女の垣根を取り払おう

 今、男性の香りの好みがだんだんと変わってきています。というよりもボクはそれを「男性が好きな香りを好きと言える自由を得た」と解釈しています。

 つまり今までは「男の子ってこういう香りが好きでしょ」というお仕着せが世の中に存在していて、好きな香りであってもそれを言うことさえはばかられるような風潮でした。でも、そのお仕着せが薄れてきたと思うんです。

 ランドセルの例で挙げると分かりやすいと思います。今のランドセルは色とりどり。自分が小学生の頃は黒と赤しかなく、男子は黒、女子は赤と決まっていました。別に赤が欲しかったわけではありませんけど。それでも、断然、今の小学生のほうが自由を謳歌できて楽しそうです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
藤村岳
藤村岳(ふじむら・がく)
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に新刊「一流の男はなぜ爪を手入れするのか?」(宝島社)、「男の身だしなみ100の基本」(エイ出版社)がある。公式サイト・男性美容研究所インスタグラム
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ