• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

足、服、疲労臭―女性のニオイ問題を知って対処しよう

2016年11月24日

秋冬だって気を抜かない、普段から取り入れられるケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

手を抜くべきでないビューティーケアのポイントを、男性美容研究家・藤村岳さんが男性の美容事情を踏まえて解説するこの連載。これまで、デリケートゾーンのムダ毛、眉やまつ毛のケアについて取り上げました。今回は、秋冬は油断しがちな体のニオイ問題を考えます。

 こんにちは、男性美容研究家の藤村岳です。以前から、多くの男性は女性たちに「クサイ」と言われ続けてきました。確かに、男性は女性に比べて筋肉量が多く発汗しやすいですし、男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にします。そして、ニオイの元となるのは汗と皮脂なので、悪臭を振りまく条件がそろっています。

 最近では「加齢臭」や「スメルハラスメント」という言葉も、そしてその概念までもが一般的になり、大部分の男性は自分のニオイを気にしています。その結果が、過剰なまでにゴシゴシをこすって洗うことだったり、アルコールたっぷりの洗浄シートで何度も何度も顔や体を拭いたりすることにつながっています。かえってその行為が乾燥を呼び、皮脂の過剰分泌を促していることもあるのですが……。

 まあ、ここではその間違いケアについてはおいておきましょう。

 あまり知られていませんが実は、女性も加齢臭を発しています。普段は女性ホルモンの影響であまり感じないはず。しかし、閉経するとホルモンバランスが変わり、ニオイ始める人が出てきます。だから男性ばかり「クサイ」と責めるのは間違い。だって「オッサンクサイ=オバサンクサイ」なんですから。

 非常にデリケートなニオイ問題。気軽に指摘できない上に、周りを巻き込んで社会問題にさえなります。「まだ閉経は先のことだろうから、私には関係ない」と思う人もいるかもしれませんが、誰もが関係するニオイ問題があります。それは、足、です。

足のニオイ……秋冬だからといって油断は禁物です (C)PIXTA

秋冬こそ気を配りたい、足のニオイ

 これから冬にかけて気をつけてほしいのが、足のニオイです。「え、それこそ男性の専売特許?」なんて言わないでください。中年以降ならいざ知らず、いまや若い男性ではあまりいませんよ。

 パンプスやブーツを脱いだら悪臭が漂う……なんて経験、あるでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
藤村岳
藤村岳(ふじむら・がく)
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に新刊「一流の男はなぜ爪を手入れするのか?」(宝島社)、「男の身だしなみ100の基本」(エイ出版社)がある。公式サイト・男性美容研究所インスタグラム
関連キーワードから記事を探す
スキンケアダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ