• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

舞台は世界! 日本を飛び出して見えたこと

人と人はなぜ分かり合えないのか―話題作の監督が問う

2017年10月24日

多様性をテーマにした最新作「おクジラさま ふたつの正義の物語」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 捕鯨問題を扱った長編ドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」が公開され話題を呼んでいる。監督は、ニューヨーク在住の佐々木芽生さん。捕鯨問題というと「難しそうだ」と捉えてしまいがちだが、実はテーマは「多様性」。佐々木さんは、映画を通して、「世の中には自分の考え方と全く異なる視点があるということを知ってもらいたい」と言う。所持金20ドルでニューヨークに渡り映画制作を始めるまでの話、国際的な映画賞を受賞した処女作「ハーブ&ドロシー」から最新作「おクジラさま」に込められた思いまでを聞いた。

前編「仕事選び失敗で過労入院 放浪先で見つけた新しい人生」

「世界一周の航空券で最後に着いたのはニューヨークでした」

 東京からバンコク、インド、ロンドンと旅して、世界一周の航空券でニューヨークに着いたとき、ポケットに残っていたお金は20ドルでした。ニューヨークには知り合いがいて、彼に空港に迎えに来てもらえなかったら、私はホームレスになっていたかもしれません。でも、インドの経験があったのでお金がなくてもなんとかなると思っていました。

 ニューヨークというのは小宇宙みたいな感じで、世界のありとあらゆる人たちが集まっているんです。あらゆる人間、文化、価値観が、ぎゅっと凝縮されている。世界旅行をしなくても、ニューヨークにいるだけで世界が分かるというようなところがある。しかも、ものすごく包容力がある町なんです。

 英語が話せなくても、不法移民であっても、一歩その地に足を踏み入れたらニューヨーカーになれる。どんな人もその人らしく生きることを許してくれる場所だと思いました。誰もが自分らしく生きられて、頑張れば必ず頑張っただけプラスにして返してくれる。あんな町は他にはどこにもありません。

 それで、世界一周の東京行きのチケットは未使用のまま、ニューヨークに住み続けることになりました。

 ニューヨークで、パーティーに行ったりしていろんな人と知り合うでしょ。すると、みんな「What do you do?」、つまり「あなたは何をしているの?」と聞くんです。あなたは何ができるのか、何をするのか、あなたは誰なんだ、と聞かれ続ける。

 周りを見ていると、今は生活をするためにウエーターとかウエートレスをしていても、自分が本当になりたいのはダンサーだったり俳優だったりすると、「ダンサーです」「俳優です」ってみんな言うわけ。そういう人たちと会っているうちに、自分は誰なんだろう、何ができるんだろうというのをすごく考え始めました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ