写真共有アプリ、インスタグラムで、最大60分の動画が投稿できるサービス「IGTV」が始まった。IGTVは、24時間でシェアした動画や写真が自動削除される機能の「ストーリー」と同様、縦型動画となっている。
 これまではYouTubeに代表されるような横型の動画サービスが多かったが、スマホに合わせた縦型動画サービスが、最近増えている。なぜ、縦型動画サービスが増えているのか、背景と理由について見ていきたい。同時に、働く女性におすすめの動画サービスも紹介する。

使い勝手のよさが後押し、増える「タテ向き」志向

 映像制作や動画マーケティングを支援する、モバーシャルの「第5回スマートフォンの動画視聴実態調査」(2018年5月実施)によると、スマホを「タテ向きのみ」にして動画視聴する人は32.6%と、増加した。特に、女性の36.9%、20代の男女39.2%と、それぞれ約4割が「タテ向きのみ」で視聴している。また、「タテ向きのみ」で視聴する人は1分以内の短い動画視聴を好むことが分かった。最近の傾向として、TwitterやインスタグラムなどのSNSをきっかけとした動画視聴が増加している。

・モバーシャル 第5回スマートフォンの動画視聴実態調査

 こうしたユーザーの動きを受けて、「縦型動画サービス」が増加。代表的なものが、メイクやファッションなど女性向け動画を配信する「C CHANNEL」だ。ライブ配信アプリ「LINE LIVE」も縦型であり、ライブ配信アプリ「ツイキャス」も17年11月より縦型配信に対応している。全体に、若年層向けのアプリを中心にこの動きは広がっているようだ。横向き用の動画コンテンツを縦で見ると、動画に登場する人の表情などが確認できないなどの問題が起きるが、縦向き用の動画コンテンツが増えたことで縦向き視聴がさらに増えた面もあるのではないか。

働く女性におすすめのサービスは?

 一方、働く女性におすすめの縦型動画サービスもある。「cookpadTV」や「DELISH KITCHEN」などの料理レシピ動画は、献立を考える参考になるだろう。1分で完結するものも多く、忙しい人にもおすすめだ。

 オシャレに興味がある人は、シャネルやルイ・ヴィトンなどのファッションブランドがこぞって始めているインスタグラムの「IGTV」をチェックしてみてほしい。最新のアイテムやコーディネートがチェックでき、効率よくトレンドを押さえられる。

「タテ向き」動画、あなたは利用していますか? (C)PIXTA