マッチングアプリが人気を集めている。マッチングアプリとは、異性と出会えるアプリのこと。具体的には、「Tinder(ティンダー)」や「Pairs(ペアーズ)」、「ゼクシィ恋結び」「with(ウィズ)」「タップル誕生」「メグリー」「Omiai(オミアイ)」「Poiboy(ポイボーイ)」「youbride(ユーブライド)」などがある。今回は話題のマッチングアプリについてご紹介していきたい。

マッチングアプリは出会い系と違う?

 マッチングアプリは出会い系アプリと何が違うのだろうか。異性と出会える点は同じだが、従来のいわゆる出会い系アプリとは少々異なっている。

 例えば、Facebook認証で本人確認したり、相手とコミュニケーションをとる前に免許証や保険証などの公的証明書による年齢確認が必要だったりなど、本人確認がされているものがほとんどな点だ。本人確認済みなのでサクラや年齢詐称などの可能性も低くなる。

 運営企業もリクルートやmixi、サイバーエージェントグループなどの大企業が多く、24時間体制の監視・サポートなどが充実している点も安心感につながる。

マッチングアプリは出会い系アプリよりも「安心感」が得られやすい (C) PIXTA