• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

出会い系とは何が違う? 話題のマッチングアプリとは(2/2)

2017年6月19日

本人確認、24時間体制の監視・サポートも充実の傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

大学生たちがハマっている理由とは?

 なぜみんなは使うのか、大学生に聞いてみた。ある大学生は、「友達と付き合い始めると周囲にもすぐにばれるし、別れても分かってしまうからやりづらい」と答えた。マッチングアプリならしがらみがないため、利用しやすいのだという。

 「まずは気軽に会って友達づくりのきっかけにしている子が多い」という。顔が分かる顔写真を載せたり、プロフィールをある程度しっかり書いているほうがマッチングの確率が上がると聞いたので、参考にしてほしい。

目的、特徴などで選ぼう

 アプリはたくさんあるが、どのように選べばいいのだろうか。たとえば「Tinder」は顔写真でのマッチングがメインであり、「まずは友達から」という気軽な出会いが向いているだろう。「Pairs」「タップル誕生」などは共通の趣味でつながるサービスなので、恋人探しにも向いていそうだ。「with」はメンタリストDaiGoさん監修で心理学や統計学・性格からのマッチングが楽しめるなど、それぞれに特徴がある。

アプリごとに目的や特徴を見極めることが大切 (C) PIXTA

 マッチングアプリを使う場合は、女性は無料だが男性側は有料なことが多い。無料のアプリを使ってとりあえず様子を見るのもいいだろう。「Omiai」など男女とも有料のアプリもあるが、その分真剣なユーザーが多い可能性もあるので、様子を見て使ってみてほしい。

 どのアプリも気軽な友達や恋人を探すのには向いていそうだが、婚活希望の場合は「Pairs」「Omiai」「youbride」など結婚が前面に出ているアプリがいいかもしれない。自分の目的や使い勝手などから好みのアプリを選ぶといいだろう。ただしマッチングアプリには遊び目的の男性も一定割合いると聞くので、その点はくれぐれも気を付けて使ってほしい。

文/高橋暁子 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
高橋 暁子
高橋 暁子
ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディア等の記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナー等を手がける。SNS等のウェブサービスや、情報リテラシー教育等について詳しい。元小学校教員。「スマホ×ソーシャルで儲かる会社に代わる本」「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」(共に日本実業出版社)他著書多数。近著は『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎/出版社のホームページ)。
http://akiakatsuki.hatenablog.com/
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ恋愛・結婚コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ