• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事上でLINEやSNSを使うメリット・デメリットは?

2018年4月4日

「仕事関係者とつながりたい派」は少数派

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 皆さんは、上司や同僚、クライアントなどの仕事関係者とSNSでつながったり、仕事上でやり取りしたりすることはあるだろうか。今回は、昨今増えてきており、また今後も増えていく傾向にある「SNSのビジネス利用」について考察していきたい。

会社のみんなとSNSでつながっていますか? (C)PIXTA

 情報管理サービスを手掛けるSansanの「ビジネスにおけるSNS利用に関する意識調査2017」(※1)によると、仕事とプライベートでSNSを分けたい人は81.9%に上った。また、SNSで仕事関係者と「つながりたい」「ややつながりたい」と答えた「つながりたい派」は、全体のわずか16.4%だった。SNSは主にプライベートで利用されており、仕事上では使いたくないというのが本音のようだ。



 一方、SNSで仕事関係とつながっている人の割合は67.8%と、実際は約7割がつながっていた。本音では仕事とプライベートを分けたいが、仕事上の人間関係によって断れない実態が見えてくる。なお、仕事関係でつながっているSNSのトップは84.6%でLINEがトップ。続いてFacebookが40.2%などとなっていた。

 ビジネスでSNSを使う場合には、プライベートで利用する場合とは違う悩みやトラブルが生まれやすいようだ。LINEやその他SNSを仕事で使うメリット、デメリットについて考えていきたい。

SNS利用がコンプライアンス上のリスクにも

 そもそもLINEなどのSNSは、多くの場合、社員が勝手に使っているケースがほとんどだろう。確かに連絡がつきやすく便利なツールだが、これを放置することはセキュリティー上やコンプライアンス上のリスクにつながる可能性が高い。

 LINEはアカウント乗っ取りなどが起こりやすかったり、会社側で利用をコントロールしたりすることができない。例えば従業員がLINEを経由して情報漏えいなどをしてしまった場合、会社が責任を問われることは間違いない。

 どうしても仕事上でLINEを使いたいのであれば、ビジネス版LINE「LINE WORKS」もある。通常のLINEをそのまま使い続けるのは大きなリスクであると自覚すべきだろう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
高橋 暁子
高橋 暁子
ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディア等の記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナー等を手がける。SNS等のウェブサービスや、情報リテラシー教育等について詳しい。元小学校教員。「スマホ×ソーシャルで儲かる会社に代わる本」「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」(共に日本実業出版社)他著書多数。近著は『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎/出版社のホームページ)。
http://akiakatsuki.hatenablog.com/
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ