• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タバコやお酒の嗜み方で問われる、あなたの人間力

2016年2月24日

タバコ臭い人は男女ともに嫌われる、けれども……

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

気になる彼や同性からも“もっとモテたい!”。そんな想いは誰の心の中にもあるはず。美容を知り尽くした美容ライター・長谷川真弓さんと、男性美容研究家・藤村岳さんが交代で書き綴る『モテる美容学』は、美容の観点からモテの心理までをひも解くふたりによる連載です。

 こんにちは、男性美容研究家の藤村岳です。前回は“肉食系女子”といった、抽象的なお題でしたが、今回はタバコとお酒。いきなり方向性が変わるのもこの連載の幅の広さ。ということでお楽しみいただければ幸いです。

 先に結論を述べますと、タバコやお酒の嗜み方は、貴女の人間力を表しているのです。

喫煙者は、スメハラ加害者の可能性大

 さて、その昔、タバコは大人を表すかっこよさの象徴的存在でした。しかし、今は、自分と周りの他者の健康を害するものとしての認識の方が大きくなっています。実際、ボクもそう思っています。

 外での打ち合わせのときには「絶対に禁煙席で。分煙でも煙のニオイがしたらNGです」と先方に伝えてから場所決めをするほど。あのニオイ、苦手なんです。

 近頃、話題のハラスメントはセクハラでも、モラハラでもなく、“スメルハラスメント”。悪臭をふりまいて、周囲に迷惑をかけることが嫌がらせになる時代なんですね。加齢臭や口臭といった体由来のニオイだけでなく、ペットや生ゴミなどの生活臭もその要因。

 たとえば、ジャケットやニットといった頻繁に洗濯しない衣類は、ニオイが染みつくとなかなかとれません。その最たるものがタバコというわけ。つまりタバコを吸うということは、高確率でスメハラの加害者になり得るということに。

 ゆえにベランダでタバコを吸う人は要注意。隣家に副流煙を流し、さらに洗濯物にニオイをつけている犯人かも。これ、ご近所トラブルに発展する例もめずらしくないですよね。

“スモーカーズ フェイス”って何?

 タバコの煙には、なんと4000種類もの化学物質が含まれており、そのうち発がん性のあるものは60種類もあるとか。また、ニコチンには依存性も。さらに活性酸素が増えるので、免疫にも影響しますね。

 次に、モテなど見た目に関わる視点から考えてみましょう。喫煙は、血行不良や活性酸素の増加、ビタミンCの破壊などのより、目じりや口周りなどにシワが増えます。一般的に喫煙者の方が、実年齢よりも老けて見えがちという所以は、こういうこと。

 このような喫煙者に特有の顔を“スモーカーズ フェイス”と呼び、シワの他に、ヤニによる歯や歯ぐきの着色、口臭、頭髪の脱毛などの要因にもなるとか。もし、貴女が積極的に老けたいなら、喫煙がぴったりです。

 しかし、喫煙者の多くは「この一服が最高だ」と深いリラックス感を覚えるのも、また事実。そんな趣味嗜好までを弾圧する昨今の風潮は、考え物ともボクは感じているのです。例えば、自分に置き換えてみると、もし大好きなお酒を禁止されたらかなりツライだろうなあ、と。

 アメリカの禁酒法時代、かえって、犯罪の温床となったように“タバコ=完全悪”という図式はよくありません。それは前回の肉食系女子の時にもお話ししたように、多様性のない社会は非常に生きづらいということ。

 また、これはとても個人的なんですが、友人だと喫煙を許せる場面もあります。でも、知らない人だとつい寛容になれないことも多いのです。これはタバコそのものというよりも、タバコを吸う人との関係性や(物理的ではない)距離感に由来するということではないか、と思っています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
長谷川 真弓(はせがわ まゆみ)・左
美容エディター・ライター 1972年神奈川生まれ。編集プロダクションを経て、広告代理店で化粧品メーカーの営業を7年半担当。2009年からは美容週刊紙「WWD Beauty」の編集を担当し、2014年にフリーへ転身。ビューティにまつわるヒト・コト・モノを精力的に取材している。

藤村 岳(ふじむら がく)・右
男性美容研究家 編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティング等も行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『男の身だしなみ100の基本』がある。
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 8月号

    特集「忙しくても元気になる!週末の『時間割』」。週末がもっと充実する時間割の作り方や、5分、10分、30分の短時間で週末の満足度が上がる過ごし方プランを紹介。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 8月号

    美筋トレーナーAYAさん監修「エクササイズ★チューブ」付録付き特大号!一生やせ体質になる“大人のダイエット”を総力特集。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 7月号

    「日経DUAL」7月号は「子どもが幸せになる将来のおしごと」「ワンオペ育児からの脱出法」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「反抗、性徴 大人への変化が芽吹く5・6年の成長」「夏休みの自由課題 『親子で作る発酵メニュー』」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ