• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

だらだらスマホがやめられる あの100均アイテム

2016年10月11日

やめたいのにやめられないときは ムリをしなくてもいいんです

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

前回の記事「だらだら見てしまうスマホをやめる たった1分驚きのワザ」で紹介したオススメアクション、実践していただけましたか? いずれも1分あればできるので、ぜひ試してみてくださいね。そして、それでも「だらだらスマホ」をやめられなかったとしたら……。

実は、無理にやめなくてもいい人もいる

 「だらだら見てしまうスマホをやめたいのに、つい見続けてしまう」「やめるきっかけが見つからなくて、結局今日も寝不足」。そんな経験ありませんか? 実は、私もだらだらスマホをやめられなくて悩んでいた時期がありました。もしかしたら、だらだらスマホをやめられないのには、理由があるのかもしれません。その点について今回、お話ししていきましょう。

明日こそは、きちんとするんだ! ……って何回誓ったんだろう イラスト/三ツ木朗恵

 「今度こそ絶対、だらだらスマホをやめる!」と決めて、気合いでやめたDさん。数日は頑張れたものの、気づいたらお酒の量が増えて、二日酔いに悩まされるようになりました。

 また、Eさんは、毎日のだらだらスマホはやめられたものの、月に数回どうしても明け方近くまで見続けてしまうことが。結局「やめたくても、スパっとやめられない」と悩んでいました。こんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

 DさんにもEさんにも、「そんなときは、無理にやめなくてもいいですよ」と、私は伝えました。「だらだらスマホ」をやめようとすればするほど、ついやってしまうのには二つ理由があります。

 一つは、「脳は否定形を理解できない」から。

 では、一つ試してみましょう。突然ですが、次の文章を読んでみてください。

「ピンクのスマホを、想像しないでください。」

 あなたは今、何を思い浮かべましたか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大平朝子
メンタルコーチ・問題解決の専門家
大平朝子(おおひら あさこ)
国家公務員試験を主席合格。裁判所書記官として、年間2000件の裁判記録を扱う中で問題解決のある法則を発見し、独立。教育団体、女性団体、外国人リーダー向けに、講演・研修を実施。無職だった夫をベストセラー作家にした手法が注目され、女性経営者など2300人以上の問題解決に携わる。現在は、愛する二人の息子の育児をしながら、夫であるプロコーチ大平信孝のスクール「株式会社アンカリング・イノベーション」のマネジメントも行う。著書に夫婦初共著となる「ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣」(サンクチュアリ出版)。
大平朝子【公式】メールマガジン
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーPC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ