• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「顔を見るだけでも気が滅入る」苦手な人との対処法

2017年8月8日

苦手な人との付き合い方は、車の運転と同じです

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

誰にでも「苦手な人」はいるもの。例えば、苦手な人と朝から晩まで終日仕事で一緒の時間を過ごさないといけない日など、出掛けるのも気が重くなりがちです。今日は、苦手な人のせいで、モヤモヤしてストレスをためてしまう自分をやめるコツをご紹介します

すべての悩みは人間関係にあり

 心理学者のアルフレッド・アドラーは、「全ての悩みは人間関係にあり」と言い切っています。

 確かに、会社でのストレスの大半は人間関係にまつわるものです。にもかかわらず、会社での人間関係(上司、部下、顧客)は、自分で選ぶことは、ほぼできません。

 そのため、人間関係に恵まれている時はいいのですが、時に自分とは相性の合わない苦手な人や、中には故意に嫌がらせをしてくる人などに囲まれるケースもあります。

悪気は無いんでしょうけれど… イラスト/三ツ木朗恵

 苦手な人といっても、自分の課題を教えてくれるような人であれば、成長の余地もあるかもしれません。ただ、苦手な人の中でも、不毛だと思われるような人間関係で消耗するのは、なるべく最小限にとどめたいもの。

 まず確認したいのは、その苦手な人と会った後や話した後、どの程度後味が悪いかです。

 特に、「落ち込みを引きずる」「無性にイライラする」「モヤモヤが続く」と感じる人との人間関係をそのまま放置するのは、危険です。いつの間にか、たまりにたまったストレスが爆発してしまうことにもなりかねません。そうなると、自分自身もつらいですし、周りにも迷惑を掛ける可能性が大です。

 また、自分が苦手と思っている相手も、当の本人は、さほど悪気なく振る舞っているケースが大半です。ただ「得たいものだけ得たらさっさと帰っていく」感じで、今の季節でいえば「蚊」のような方もいます。一方的に自分が得えたいものだけを得て、去っていく人です。

 例えば、自分の鬱憤を晴らしたいときだけ一方的に話し掛けてくる同僚、いつも攻撃的でヒヤヒヤする上司など、どちらかといえば、いい影響というよりは、悪影響を周りに与える人たちです。このような人とは、気を許し過ぎずに、意識的に対策を講じることで事態を改善していくことができます。

 それでは、次のページから対処法をご紹介していきましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大平朝子
メンタルコーチ・問題解決の専門家
大平朝子(おおひら あさこ)
国家公務員試験を主席合格。裁判所書記官として、年間2000件の裁判記録を扱う中で問題解決のある法則を発見し、独立。教育団体、女性団体、外国人リーダー向けに、講演・研修を実施。無職だった夫をベストセラー作家にした手法が注目され、女性経営者など2300人以上の問題解決に携わる。現在は、愛する二人の息子の育児をしながら、夫であるプロコーチ大平信孝のスクール「株式会社アンカリング・イノベーション」のマネジメントも行う。著書に夫婦初共著となる「ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣」(サンクチュアリ出版)。
大平朝子【公式】メールマガジン
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーコミュニケーション術人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ