• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

栄養豊富で安価な卵 朝食からおつまみまで万能レシピ5選

2016年11月25日

身近な存在卵の、少し大人なおいしいレシピをご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

1年を通して安い食材は、賢く節約する女子の強い味方。でも、メニューを考えるのがおっくうな日もありませんか? 今回の食材は、冷蔵庫に常備してあることの多い「卵」。ヨーロッパにちなんだ、おいしいレシピをご紹介します。朝ごはんだけでなく、ちょい飲みおつまみにもおすすめです。

英国風ロイヤルスクランブルエッグ

簡単にできるのに、まるでホテルの朝食のよう

いままで食べていたスクランブルエッグとはケタ違いのなめらかさ。

<材料>(2人分)
卵・・・・・・・2個
生クリーム・・・大2
塩・・・・・・・ひとつまみ
バター・・・・・大1


<作り方>
1.卵の丸みのある方を上にし、上から1/3の当たりを目がけて殻を割り、綺麗に外す(卵の殻を容器にする)。

2.ボウルに卵を入れて溶き、生クリーム、塩を加えてよく混ぜる。

3.鍋にお湯を沸かし、2のボウルを乗せて湯煎する(お湯がボウルに当たらないように鍋の大きさと湯量を調整する)。

4.ゴムベラで手早く混ぜる。ボウルの周りから固まってくるので、それをこそげるようにしながら全体を混ぜる。

5.全体が半熟状になったらボウルを鍋から外し、バターを加えてさらに混ぜる。

6.バターが溶けて全体が均一になめらかになったら、スプーンで卵の殻に詰める。

<ポイント>
・間接的に加熱することでなめらかになるので、直接火やお湯が当たらないように注意する。
・生クリームな無ければコーヒーフレッシュでも可。

フランスパンのフレンチトースト

みんな大好きフレンチトースト

休日にゆったりした気分で食べたいですよね

<材料>(2人分)
フランスパン(4cmカット) ・・・4切れ
卵・・・・・・・・・・・・・・・2個
牛乳・・・・・・・・・・・・・・200ml
砂糖・・・・・・・・・・・・・・大2
はちみつ・・・・・・・・・・・・大1
バター・・・・・・・・・・・・・大1
メープルシロップまたは蜂蜜・・・適量
粉砂糖(飾り用)・・・・・・・・適量
シナモン・・・・・・・・・・・・適量


<作り方>
1.卵をボウルに溶き、牛乳、砂糖、はちみつを加えてよく混ぜる。

2.バットにカットしたフランスパンを並べ、1を上からかけ、一晩漬ける(途中で裏返ししてパンに卵液を吸わせる)。

3.フライパンにバターを入れて温め、2を入れて両面こんがりと焦げ目がつくまで焼く。

4.お皿に盛り、好みで粉砂糖とシナモン、はちみつをかける。

<ポイント>
・パンは食パンや、パン・ド・カンパーニュなどでも良い。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宇梶 由里子
料理研究家
宇梶 由里子(うかじ ゆりこ)
1975年生まれ。大学卒業後、フランス家庭料理を学び、その後、旅行好きが高じてイタリア料理やタイ料理など様々な国の料理を身に付ける。フードアナリスト協会会員。2015年7月より母と共に自宅でイタリアン、フレンチの料理教室を開催している(現在会員制)。ホームページはこちらからどうぞ。
関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ