• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハロウィーンにも! 彩りきれいな「かぼちゃ」レシピ

2017年10月27日

旬の野菜かぼちゃを使った、彩り鮮やかなレシピをご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 かぼちゃが旬の季節がやってきました。色合いも華やかで、簡単にできる、かぼちゃを使ったレシピをご紹介します。手軽に作れるものばかりなので、ハロウィーンのパーティーにもぴったりですよ。

かぼちゃのアグロドルチェ

イタリア・シチリア島の郷土料理

やさしい酸味で、とてもマイルドなかぼちゃのマリネ。紫玉ねぎを使うと、彩りもきれい

<材料>(2~3人分)
かぼちゃ……1/8個(約230~250g)
ニンニク……1片
レッドオニオン(なければ普通の玉ねぎでも可)……1/2個
レーズン……約大1
すし酢……大2
EXVオリーブオイル……大1
蜂蜜……小1
塩……少々
ドライハーブ(オレガノ、バジルなど)……適量


<作り方>
1.かぼちゃの種と綿を取り、皮はついたままでラップをしてレンジ600Wに4~5分かけ、カットできる程度に軟らかくする。粗熱が取れたら1cm幅にカットする。

2.レッドオニオンは薄くスライスする。

3.フライパンにオリーブオイル(分量外)を多めに入れ、潰したニンニクを入れて温め、1を並べて両面焼いて塩を少々振る。ニンニクと一緒にバットに取り出す。

4.同じフライパンにオリーブオイル(分量外)を足し、2をしんなりするまで炒め、3の上に乗せ、レーズンも乗せる。

5.すし酢とEXVオリーブオイル、蜂蜜を合わせ、4が温かいうちにまわしかけ、ドライハーブを全体に散らす。

6.粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫で2時間から一晩冷やす。

<ポイント>
・アグロドルチェとはイタリア語で「甘酸っぱい」という意味。
・できれば冷蔵庫で一晩置いてしっかり味をなじませてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宇梶 由里子
料理研究家
宇梶 由里子(うかじ ゆりこ)
1975年生まれ。大学卒業後、フランス家庭料理を学び、その後、旅行好きが高じてイタリア料理やタイ料理など様々な国の料理を身に付ける。フードアナリスト協会会員。2015年7月より母と共に自宅でイタリアン、フレンチの料理教室を開催している(現在会員制)。ホームページはこちらからどうぞ。
関連キーワードから記事を探す
グルメ健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ