副業に関する読者アンケートを行ったところ、副業経験者は約6割。その一方で、副業未経験者が踏み出せない理由の第一位は、就業規則で禁止されているからではなく、「何から始めたらいいのか分からない」というものでした。副業をはじめ、働き方のトレンドに詳しい求人サイト「エン転職」編集長の岡田康豊さんに、これからの「副業」という働き方について伺いました。

 【副業にまつわる読者アンケート記事】
「読者6割が副業経験者 平均月5万円稼ぐ 何してる?」
「読者がやってみたい副業トップ10 人気の仕事は」

副業がもたらす収入以上のメリットとは?

 副業経験者・未経験者に分けて行った読者アンケートでは、「副業をしたことがある」人は60.3%、副業未経験者でも「興味がある」と答えた人は79.6%に上りました。

 「収入のため」「本当にしたいことを副業で実現するため」「気分転換のため」など、副業を始めた理由はさまざまでしたが、実際に副業を体験した人が得たものは「収入」だけではなかったようです。

 副業経験者に「副業をする前と後で、変化はありましたか?」という質問をしたところ、興味深い答えがいくつも集まりました。

◆自己管理ができるようになった

「仕事のやり忘れを防ぐため、メモに書き出す、実施する日時を決める、などをルーティンワークにした。それを仕事にも取り入れた」(副業:アンケートモニター/30歳、会社員、製造)

「手帳を常に使うようになり、自分の中のタイムスケジュールを考えるようになった。以前は使うのに抵抗があったLINEでのやり取りが増えた」(副業:セミナー講師/35歳、契約社員、学術研究・技術サービス)

◆時間の使い方を工夫するように

「余暇を副業に充てているため、本業でも効率よく仕事を片づけて余暇を増やせるようになった」(副業:アルバイト/25歳、会社員、卸売・流通)

「時間を効率よく使えるようになった。本業ではパソコンに向かっていることが多いので無表情なまま仕事をしていたが、接客のアルバイトをすることで明るい気持ちになり、心に余裕ができた」(副業:飲食店でのアルバイト/27歳、会社員、学術研究・技術サービス)

本業と副業の両立には時間管理が必須です (C) PIXTA

「手帳をフル活用したり、自分の時間の使い方やお金の使い方を振り返ったりするようになった。本業と副業までの空き時間が限られていたため、集中して勉強に取り組むことができた。家事も仕事も、いつの間にか仕事をこなすスピードが上がっていた」(副業:アルバイト/27歳、派遣社員、情報通信)

◆生活が充実

「本業だと初心を忘れがちだが、副業の新しい職場で一から教わることで初心を学んだり、本業で嫌な気分になったときに息抜きができたりした。また、反対に今の本業にやりがいを感じることもできた」(副業:アルバイト他/33歳、会社員、不動産)

「趣味に使えるお金が増え、人生が豊かになった」(副業:アンケートモニター/27歳、会社員、建設)

「自分で考え、発信した情報が誰かの役に立ち、評価され、対価を得られるのだと分かった。やればできると自分に自信がついた」(副業:アフィリエイト/28歳、パート・アルバイト、学術研究・技術サービス)