• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イマドキ副業

「ゆるい副業」が主流に? 収入以上のメリットとは(3/3)

2017年9月26日

副業が「原則容認」に 私たちのキャリアはどう変化する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

収入アップが目的なら長期目線で考えて

 一方で、注意してほしい点もあるといいます。「副業=収入アップ」と考えがちですが、「むしろ収入目的の副業はどこかで破綻する」と岡田さんは警告します。

 本業の他に副業の時間を取るわけですから、当然、本業に専念していたときより働く時間は長くなります。そのときに、副業の目的が「収入のみ」だと、結局は長時間労働となり、モチベーションが保てなくなったり、場合によっては心身ともに疲弊してしまうことも。

 「あくまでも本業に支障のない範囲で行うこと、が原則です。 さらに、長期目線で考えると、時給1000円前後のアルバイトを週2~3回して月に数万円の副収入を得るよりも、本業でスキルアップ・キャリアアップして給与を上げたほうが収入アップの道としては堅実です」(岡田さん)

たった一つの視点がキャリアを広げる

 副業をするときは、「常に『本業にどう生かせるか』という視点を持つようにすると、本業・副業ともに活性化される」と岡田さん。例えば、週に一度のアルバイトの接客業を「コミュニケーションスキル」という視点で捉えれば、本業が接客業でなくても十分に生かすことができます。

 日経ウーマンオンラインの読者アンケートでは、副業経験者・未経験者共に「時間の融通が利く」「空き時間を充てられる」という点が重視されていましたが、たとえその副業を選んだ理由が「時間の都合がつきやすいから」であったとしても、視点の持ち方次第でいくらでもキャリアアップにつなげられる、ということです。

 私たちのキャリアを広げるきっかけになるかもしれない「副業」。とはいえ、今はまだ日本で副業を推進・容認している企業はとても少なく、2割程度(※記事末「参考リンク」を参照)だといわれています。企業には就業規則や守秘義務があり、副業で社員の労働時間が増えることや、他社への情報漏洩の対策などが懸念点として挙がっています。

 「就業規則などの改定は、政府の動きもあり、『まさにこれから』という状態。今は『副業』という呼び方をしていますが、将来的には複数のコミュニティーに属し、複数の業務をこなす『複業』という働き方が主流になるのではないでしょうか」(岡田さん)

 次回からは、そんな「複業」に率先して取り組む企業を訪問し、「イマドキ副業=複業」の実態をレポートします。

文/三浦香代子 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
副業働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ