• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

そろそろ“女子なるもの”に決着をつけませんか

2016年12月28日

「女子」とは、死に至る病なのか? 「女子」とは一体何なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「女子」とは、死に至る病なのかーー。

 「女子をこじらせて」という鮮烈なフレーズを背負って世に現れ、女たちの深く疼く悲しい共感を集めた女性作家・雨宮まみさんが、40歳という、女がこれからもっとも自由になれるはずのステージに上った途端、事故で世を去ったと伝えられました。彼女の死に面して、多くの「女子」たちが、自分が彼女と同じ「女子」であることをいま一度思い出させられたのです。

 「女子」とはいったい何なのだろう。

女子とはいったい何なのだろう(C)PIXTA

 私たちはあまりにも不用意に、無自覚に、「女子」という言葉を使うことに慣れてしまいました。今年43歳になった既婚2児の母の私でさえ、実際には自分のことを女子だなんて1ミリも思っていない(思えるわけがない)にもかかわらず、「女子会しようよ」という友人の言葉にもはや何の疑問も躊躇もなく「いいね!」と返します。

 「貴様いつまで女子でいるつもりだ」と、これまた女たちの心に刺さるフレーズを引っさげて、瞬く間にスターエッセイストになった人もいます。もちろん、私たちはわかっているのです。30や40になって、自分たちがもはや「成人前の女の子」という本来の意味の「女子」のはずがないということ、そんな言葉で自分たちを呼ぶのはどう見たって馬鹿げているということも。

 でもなぜなのでしょう、「女子」はいかにも簡便に、そしてどこか心地よく、大人のはずの私たちの中に広がってきた言葉だとは思いませんか。

 先日、著書『女子の生き様は顔に出る』を刊行したとき、タイトルに「女子」を入れるにあたって、実は私には葛藤がありました。女性の中には「女子」という言葉への反感がある人がいることも嗅ぎとっていましたし、「女子」という言葉の使われ方、広がり方に、当の「女子」たちが実は腑に落ちていないのは、明白だったからです。

 みんな、自分たちを「女子」と呼びながら、本当はどこか自虐的だったり、あえての確信犯的だったり、「女子(笑)」という感じで冗談めいていたり、どこか落ち着かなかったり。しっくりきていないのではありませんか?

 みんなが使っているし、メディアにも散々出てくる「女子」。そういえば女子って誰のこと? 私も含まれているの? 私は自分を本当に「女子」と呼びたいの?

 流されるままに、自分たちの語彙となってしまったこの「女子」を、そろそろ見直してみる必要があるのではないでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ