• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私たちはいつか「定年女子」になる 働き女子の終着点

2017年7月26日

「女性活躍推進」の先に待ち構えるのは、私たちの大量定年問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「こんな恐ろしいドラマがあるだろうか」

 「こんな恐ろしいドラマがあるだろうか……」。

 竹内まりやさんの「もう一度」が流れるエンドロールを見つめながら、私は恐怖に震えていました。

 「定年女子」――それがドラマのタイトルです。

■「定年女子」(全8回)
日曜 午後10:00~午後10:50
【BSプレミアム】
(公式サイトは記事末参照)

南果歩演じる深山麻子(53)は、専務から「役職定年」を告げられて… 写真/NHK提供

 これまで、さまざまな「◯◯女子」「◯◯ガール」のネーミングが世間でもういいよってくらい量産されてきましたが、こんなにインパクトのある「女子」は初めて。そう、女性活躍推進だの輝けだのと、私たちが念頭に置いてきた働き女子とは、アラサー、アラフォー、もう少しお姉さんでもアラフィフくらい。ところがアラカンの先は、そういえば「定年」です。「女子だって、働き続けていれば当然定年を迎える」冷静な事実を目の前に突き付けられた気分でした。

53歳で部長からヒラ社員へ……役職定年って何それ怖い

 ドラマ第1回では、南果歩さん演じる深山(みやま)麻子(53)が、専務から「役職定年」を告げられます。長年勤めてきた角倉商事が合併するのに伴い、CSR部長としてのポストを「若手の人材にチャンスを与えるために返上」し、ヒラ社員として他部署へ異動してほしいというのが、その内容。

 役職定年とは、一般に60歳と規定されている定年の前、55歳ごろで役職から外れるという制度で、厚生労働省中央労働委員会が公開している「退職金、年金及び定年制事情調査」平成21年(2009年)によれば、調査に回答した資本金5億円以上かつ従業員数1000人以上の大企業218社のうち、ほぼ半分の47.7%の企業が役職定年制度を設けています。

 役職から外れた後は、専門的なポストへの異動や子会社への出向が多いよう。やはり一度は役職に就いた人材のメンツを傷つけないため、その後のポストには配慮がされているものの、内実は閑職であることがしばしばあります。役職手当がなくなって収入が下がることがほとんどでもあるため、いよいよ老後へのカウントダウンが始まるとの感も……。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
働き方人間関係の悩みコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ