• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

有働由美子という日本の朝の絶妙バランス(2/3)

2017年7月12日

天下のNHKが生んだ、公共放送の枠を超える「ウチらのスター」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ブログまでが根強い固定ファンを獲得

 だって有働由美子アナといえば、「サンデースポーツ/サタデースポーツ」「おはよう日本」「ニュース10」「スタジオパークからこんにちは」、紅白の司会にアメリカ総局特派員に大河「真田丸」のナレーションにと、NHKアナのエリート街道を着実に歩む実力派。今やチーフアナウンサーという管理職にあり、名実ともにNHK筆頭アナです。

 現在の「あさイチ」はいのっちと有働さんとの軽妙な掛け合いが大人気を博し、「あさイチ」放送中は毎朝根強い固定ファンがツイッターで有働関連ツイートを発しています。

 特にファン最厚層と見られる30代後半から40代の女性からは、


 ■毎日、朝ドラを見るのが日課ですが、朝ドラは有働アナ(といのっち)の受けまでが朝ドラの時間だと思っています。

 ■バラエティー向きかと思いきや、お堅い仕事もきっちりこなす。実力があるからこそ、そのはみ出しっぷりが評価されるのでは。

 ■常に視聴者目線は忘れない。大物であろうが、なかろうが、ゲストに聞きにくいことをズバズバと笑顔で聞いてしまう軽やかさがあります。でもそれは、いつも視聴者の代表という意識が核にあるからできること。

 と絶賛の声が上がり、中には

 ■実は有働さんのブログが秀逸。テンポの良さと抜群の読みやすさで、番組以上に率直で正直な本音づくしです。定期的にまとめ読みしています。

 なんて、濃いファンまで。それにしても、有働由美子アナはなぜそれほどまでに強い共感を呼ぶのでしょうか。

48歳独身NHKアナのセルフブランディング

 その理由は、たぶん彼女が真面目に勉強して、厳しく育てられてきた「正統派エリート女子」である割に、大阪人らしいお笑いサービス精神を持ち、それらを職業人として決して男性に媚び過ぎたりしない適度な中性感でまとめ上げているからではないでしょうか。

飾らなさがむしろいい! ついていきます~先輩! (C)PIXTA

 自由な発言と世間へのやんわりオモシロイ抵抗でお茶の間の人気者になり得るのは、彼女の絶妙なバランス感覚ゆえ。確かにそれが最終的に「ワキ汗キャラ」や「すっぴんキャラ」など、時に「自虐が過ぎる」「今日の有働さん頑張りすぎで切ない」と批判されることもある結果となるにせよ、それも含めて有働さんという48歳独身女性NHKアナウンサーのセルフブランディングであり、仕事術であり、サバイバルの姿なのです。

 例えるならば、女子校の先輩。その魅力は男子には分かりにくいものです。

 かわいくて巨乳で巻き髪でミニスカートで、なんてキャッチーな女子性で攻める女子アナではない、実力とサービス精神で荒波を泳ぎ切っていく骨太の女子アナ。過剰に着飾らないし、常に自虐、ワキ汗やまつ毛エクステなしのbeforeすっぴん披露など、他の女子アナでは考えられないその姿が、むしろ「女子アナ」としてではなく「アナウンサー」として同じ女子に響くのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み人間関係の悩み働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ