• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

斉藤由貴「毒母」ドラマが示した行き詰まる家族の出口(4/4)

2017年3月15日

オカムスが問う 「個人」としての幸せを奪ってきたのは何なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
家族なのに孤独ってどういうこと?(C)PIXTA

「個人」としての幸せを奪ってきたのは何であり、誰なのか?

 働き方改革とも関わってきますが、やはり昭和型の企業戦士家庭モデルが、いかにも「従業員の人生を丸ごと保障する」ようなふりをしながら、どれだけ実のところ家庭という基盤を脆弱なものにし、家族一人ひとりから人間性や正気を奪い、日本社会をカラカラにしてきてしまったか。そしてこの平成もおよそ30年が過ぎようとする今なお、私たちがそこに「正義」や「正解」があると頭から信じ切って、脱却しきれていないかに、思い至ります。

 社会の部品の一つではなく、個人としての幸せを目指す社会では、私たちは生き方を人に決めてもらってはいけないのではないか。そんなことを考えさせられた、しっかりとした重みのあるドラマでした。

【参考】
ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」スタッフブログ 2017年2月9日「母娘ドラマへの誘い~出口はどこにあるのでしょうか~」信田さよ子さんからのメッセージ

文/河崎環 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ