• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

『東京タラレバ娘』刺さって抜けない名言 極私的TOP3

2017年1月25日

直視できるか。私たちを雷で打つようなあの言葉を忘れない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 1月18日(水)、東村アキコさんの同名のコミックスを原作とした待望のドラマ、『東京タラレバ娘』が日本テレビ系列で放送開始となりました。タラレバファンのアラサー、アラフォーの皆さん、もちろん毎週水曜の夜9時59分にはテレビの前で正座してますよね。ますよね?

 私は43歳既婚2児の母ですが、『東京タラレバ娘』1〜7巻を大切に所有し、時折読み返しては突然頭を抱えて考え込んだり、さめざめと泣き始めたり、口を歪めて引き笑いしたりして、周りを寄せ付けない空気を醸しています。

恋に悩んだ経験のある女性全てに刺さるドS作品

 本来は「崖っぷちアラサーの婚活」をテーマに、売れない脚本家・倫子(りんこ)、ネイリスト・香、実家の居酒屋手伝い・小雪という33歳を迎える同級生3人、それぞれの東京における恋愛迷子を描いた作品。

 しかしアラサーに限らず、恋愛なるものに悩んだ経験のある女性全てに刺さり、そのままザックリ裂き、傷口に塩や酢を塗り込むような残酷なエピソードやドSなディテールの数々が、「女の心理を制す、さすがの東村先生」「この痛みがクセになる」「もはやホラー漫画」とファンを日々量産しています。もちろん、私も東村作品の熱烈な信者の一人です。

 初回から、倫子が酔っ払うと出てくる幻覚、喋る白子ポン酢(タラ)とレバ刺し(レバ)が倫子に「倫子さんももういい歳なんだからこれがラストチャンスかもしれないレバ? もし彼を逃したら……お前は一生独身だァァァ!」と非道ぶりを発揮します。そのタラレバをつつきながら「あたしが今よりキレイになっ”たら”」「いい男を好きになれ”れば”」と居酒屋で飲んで大騒ぎする倫子たちに、たまたま居合わせた金髪の若い人気モデル・KEY(キー)はこう言い放つのです。

 「そうやって一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ! このタラレバ女!!」

心をザックリ裂き、傷口に塩や酢を塗り込むような残酷なエピソードやドSなディテールが私たちを襲う(C)PIXTA

タラレバ読んで泣いたことある人、正直に挙手!

 現状を見つめて行動を起こすのでなく、たられば話、「if」の話だけを繰り返して、不安や自己嫌悪を覆い隠そうとする倫子たちのようなアラサーへ向けて作者から放たれる、キツイけれど愛のある言葉の数々。先日、長い婚活の末に念願の結婚を果たしたアラフォー女性は、しみじみとこう言いました。

■「『タラレバ娘』大好きです! でも正直言うと、読み始めたのは今の夫との婚約後。婚活中に漫画の噂は聞いていましたが、読んだら自分のメンタルが崩壊するのではないかと怖くて、手が出せなかったんです。実際、今だからこそ過去の葛藤を俯瞰するような気持ちで楽しんで読めますが、もし婚活中に読んでいたら、きっと泣きながら破り捨てていたと思います」(長い婚活の末に念願の結婚を果たしたアラフォー)

 素敵だと思ったり、付き合ったりする相手はなぜか既婚者ばかりと嘆くアラサー女性も、こう話します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ