「ゲームは子どもの頃以来」「一人で黙々とするのはちょっと寂しい……」という方にオススメなのが、二人以上で盛り上がれるゲームです。東京ゲームショウ2017で、ゲーム初心者のライターIが、年間330日ゲームセンターに通う「ゲーセン女子」ことおくむらなつこさんのレクチャーの下、初心者でも楽しめる最新ゲームを体験してきました!

みんなで盛り上がるなら「太鼓の達人」

PlayStation4用ソフト「太鼓の達人 セッションでドドンがドン!」の体験ブース

 ゲームセンターの入り口によく置かれている「太鼓の達人」。太鼓の形をしたキャラクターを見たことがある方も多いのでは? 流れてくる音楽と、画面に表示されるマークに合わせて太鼓をたたくこのゲーム。ゲームセンターのイメージが強いかもしれませんが、家庭用ゲーム機でもプレイできるんです。

 今回のゲームショウでは、「太鼓の達人 セッションでドドンがドン!」という最新作を体験しました。ブースに行くと、家庭用の小型の太鼓とバチが目に入ります。

 初心者ながら何度かプレイしたことのあるライターIが「太鼓が小さいとたたきがいがないのでは?」と心配していたところ、おくむらさんが一言。「コントローラーの後ろに収納されているバチに注目してください。ゲームセンターよりも家庭用のほうがバチが軽いので、プレイしやすいんですよ」(おくむらさん)

 バチを持ってみると、確かに軽い! これはたたきやすそうです。

太鼓もバチも小ぶりでかわいらしい。ゲーセン女子ことおくむらなつこさん(写真右)にガイドしてもらいながらゲームスタートです

 早速、おくむらさんとゲームを開始。二人で息を合わせてたたく部分もあるため、「あ、間違えた!」「難しい!」と、自然と声が出ます。

画面の指示に合わせて、夢中で太鼓をたたきました

 人の演奏を見るのも楽しく、撮影を担当していた編集Oも大盛り上がり。実は朝一番で行われたこの取材。「太鼓の達人」のおかげでスタッフ一同が一気に打ち解けられました。