• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いい人からデキる人へ 確実に近づく3ステップ

2017年10月17日

あなたの将来ビジョンは? 自分の未来予想図を描こう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「いい人」のままでいては、損することが多くてつまらない。だったら、「デキる人」になったらいいんじゃない? この連載では、「いい人」止まりのあなたを「デキる人」へと導きます。ところで、あなたにとって「デキる人」って、具体的にはどのようなイメージの人でしょうか?

「将来ビジョン」をはっきりと描こう

 「いい人」は、周囲の状況によく気が付き、仕事をきちんとこなせる人。なのに、他人の目を気にし過ぎたり、自分に自信がなく自己アピールが苦手だったりして、何かと損をしてしまっている人でもあります。

 そして「デキる人」は、能力が高く、鮮やかな成果を出していく人。次々に新しいチャンスに恵まれ、着実に自己実現していく人です。

 とはいえ、一口に「デキる人」といっても、業界や職種、担当業務やポジションによってさまざまなタイプの人がいます。仕事に対する価値観や感性は、一人ひとりの個性です。だから、「デキる人」の細かい条件やイメージを、私が勝手に定義するわけにはいきません。

 ここで重要なのは、「あなたが考える、デキる人のイメージ」です。それは、「あなた自身の将来ビジョン」と言い換えてもよいでしょう。

 今回のあなたへの課題は、「自分自身の将来ビジョン」をはっきりと描くこと。

あなたが考える、デキる人のイメージはなに? 写真/清水知恵子

 言葉だけで漠然と「デキる人になりたい」と思うだけでは、状況は何も変わりません。念仏のように「デキる人、デキる人」と唱えていても、現実は少しも変わらないどころか、「怪しい人」になってしまうでしょう。

 夢をかなえる。目標を着実に達成する。現在の状況をよりよく変化させていく。ビジョンは、人の心に火を付けて、情熱的にさせ、モチベーションの源泉となり人をアクションに駆り立てます。そのために不可欠なものこそ、ビジョンです。

 では一体、ビジョンを持ち続けていると、どんなことが起こるのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
キャサリン門田
キャサリン門田
キャリア・イノベーション協会代表理事、経営コンサルタント、キャリアカウンセラー。企業向け経営コンサルタント業務のかたわら、個人のお悩み相談に乗っている。心理学や経営戦略理論を駆使したアドバイスは、キャリア、お金、人間関係、恋愛・結婚・離婚、天職など幅広い分野をカバーする。「薔薇色仕事塾」「天命IDEA塾」主宰。著書「選ばれる人になる34の習慣」ほか。セミナーや個人セッション、好評受付中。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ