• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性に贈る 最高の朝ごはん

パパッと飲める時短お味噌汁 「みそまる」鉄板レシピ(2/2)

2017年9月14日

ミソガール藤本さん秘伝の「みそまる」レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

慣れてきたら、みそまるアレンジにも挑戦!

 みそまるは和風の味や具材で作るだけではなく、工夫次第でさまざまな味を楽しめます。例えば、パクチーやごま油を入れるとエスニック風に、チーズやトマトを加えてイタリアン風にと、無限のバリエーションになります。

 丸めたときに粉チーズやアーモンドダイスをまぶしたり、とろろ昆布を巻いたりといった「トッピング」で、見た目の変化も楽しめます。

みそまるのてっぺんにカボチャの種とピンクペッパーを乗せて、リボン風に
さくらの塩漬けを乗せれば、見た目も華やか
さけるチーズをのせてアレンジ
お味噌と相性抜群のとろろ昆布を巻いて

 藤本さんはG7伊勢志摩サミット国際メディアセンター(2016年5月)やアジア開発銀行年次総会(2017年5月)で、みそまるの試食提供を行ったそう。

G7伊勢志摩サミットや横浜の食イベントで配布したチラシ。見た目にも楽しい、世界各国の食材を入れたみそまる

 「なかにはトリュフと間違えてそのまま食べてしまった方もいたのですが、皆さんに楽しんでいただけました」と振り返る藤本さん。

海外の人に味噌の魅力を伝えるデモンストレーションをしました

 思い返してみれば、47都道府県によって味噌の風味が違い、お味噌汁の具材は家庭によっても異なります。味噌汁は奥深い食べ物なんですね。

 藤本さんは、各地で人々がどのようなお味噌汁を飲むのかのインタビューもするそうです。「私が出会ったなかには、ご当地の食材を使うほか、ポテトチップスを入れたり、お麩の代わりにパンを入れるのが好き、という人もいました。ぜひ、皆さんも『マイみそまる』にチャレンジして、味噌の健康パワーを取り入れてみてください」

 「みそまるには『味噌で丸くつながる』という意味も込めているのですが、皆さんに笑顔と健康の輪が広がるとうれしいです」

プロフィール
藤本智子さん
ミソガール
藤本智子
1985年生まれ。アパレル販売員や読者モデルとして活躍。自らの体調不良を治すなかで味噌と出合う。2011年に「365日味噌活宣言」をし、ミソガールとして味噌の普及・啓蒙活動を行っている。

文/三浦香代子 写真/清水知恵子(人物写真)、ジャパン味噌プレス編集部(みそまる写真)

関連サイト
ジャパン味噌プレス http://misopress.jp/

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ