• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

本当に自分に似合う服の探し方 「性格」も決め手に!

2016年9月9日

内面の性格と「外見=装い」を一致させると自分の魅力が最大に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

仕事服として何を選び、どう着たらいいのか――というオフィスファッションの疑問は、働く女性にとって身近な問題。30歳になったら一度じっくり考えたい「自分らしい仕事服」について、『4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服』の著者であり、人気パーソナルスタイリストのみなみ佳菜さんにインタビューしました。今回教えていただくのは、自分に合う仕事服を見つけるための3つのポイント。忘れがちだけど、一番大切な〇〇が決め手となるのです。(第2回)。

■第1回 「“ゆるキャラ”性格なのに黒スーツで固めて失敗した私」

自分に合う仕事服を見つけるためのポイント「色」

 自分に合う仕事服を見つけるために知っておきたいポイントは3つ

 1つは「色」。肌や髪の色味に似合う色の種類を知っておくことが、色選びでの迷いを解消します。

 同じ「ピンク」でも、色味の違いによってその印象はまったく異なります。

 淡い桃色のマカロンのようなパウダーピンクに、サンゴのようなコーラルピンク、オレンジがかったサーモンピンクに、青みのあるショッキングピンクと、大きな分類だけで4種類あります。「パーソナルカラー」という分類法で、順に「サマー」「スプリング」「オータム」「ウィンター」という分け方になります(詳細は著書『4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服』で紹介しています)。

 例えば、ドラッグストアなどでできるコスメのお試しで、異なる色味のピンクのチークを試してみてください。すると、ひとはけ塗るだけで顔色がパッと明るく華やぐピンクや、逆にかえって顔色が暗く見えるピンクがあることに気づくと思います。ストールなど巻き物を顔周りに置いて比較するのもおすすめです。

同じピンクでも、自分に似合うピンクは人と違う (C)PIXTA

 自分に似合うピンクの色味がわかったら、日々の服選びに生かしてみましょう。「私に似合うピンクは必ずある」と心得てくださいね。

自分に合う仕事服を見つけるためのポイント「体型」

 2つめが「体型」です。30代以降の女性で多いのは、「20代の時より太っちゃったから…」と、とにかく“隠す”ことを重視してしまうパターンです。

 でも、全身のラインを覆い隠すような服を着ることで、かえって「ボリュームを大きく見せてしまう」という失敗はよくあるのです。

 コンプレックスを感じるパーツがあるとしたら、そのすぐ近くにあるパーツの魅力に目を向けてください! 例えば、「くびれがないのが気になる」という方の多くには肋骨と骨盤の間が狭く、骨格上どうしてもくびれないという理由が。その分、腰の位置が高く、脚を長く見せられる! という魅力があるのです。反対に「ウエストがしっかりくびれている」という方からは、「私、お尻が大きいんです」とういお悩みをよく聞きます。

 つまり、コンプレックスの隣には他人がうらやむ魅力がある。発想を変えて「見せるべきチャームポイントを強調する」という装いに切り替えるだけで、体型カバー問題は解消してしまいます。

 あと、基本的なこととして、サイズは正しく! 無理して9号を着るよりも、ぴったりサイズの11号を着るほうが断然美しく見えます。

自分に合う仕事服を見つけるためのポイント「性格」

 そして最後に、これだけはお伝えしたい…!

 3つめのポイントは、「性格」です。

「“内面”の性格と“外見”=装いを一致させること」を伝えるために日々走り回っているといっても過言ではありません!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
みなみ佳菜
みなみ佳菜
パーソナルスタイリスト/スタイリングオフィス「KOROR」主宰。72年香川県生まれ。大学卒業後、米アウトドアブランド「Eddie Bauer Japan」に入社。個人販売成績全国首位を獲得し、最年少店長に。MAX&Co.ではブランドマネジャーを務め、2007年にファッションレスキュー入社。10年に独立し、スタイリングオフィス「KOROR(コロール)」を主宰する。店舗を含めてこれまで7000人以上のスタイリングを手がける。テレビ、雑誌、新聞、ウェブなど各メディアで活躍中。著書に『4つの性格タイプから見つける いつの間にか人生が変わる服』(ディスカバー・トゥエンティワン)。
公式サイト
関連キーワードから記事を探す
お仕事術ファッションコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ