• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事がはかどる睡眠術

睡眠は時間より質が大事? 眠りの常識ウソ・ホント(4/4)

2017年8月8日

「光」「体温」で眠りは整う 睡眠負債は認知症の原因に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

睡眠負債がたまると、認知症やガン、生活習慣病のリスクが高くなる

 適正な睡眠時間が7時間の人が、平日に6時間しか眠れていないと、平日5日で「5時間の睡眠の負債を抱える」というのが、最近話題になっている睡眠負債の考え方。

 厚生労働省発表の平成27年(2015年)「国民健康・栄養調査」によると、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は、日本人の成人女性で34.2%。平成19年(2007年)以降増えています。睡眠を時間の長さで捉えなくてもいいとはいえ、6時間を切ると日中の集中力・判断力低下など脳機能の低下や免疫力の低下、鬱や認知症のリスクも上がるそう。

 「日中にたまった睡眠物質のプロスタグランジンD2(※編集部注:「2」は下付)を寝ている間に分解していますが、睡眠時間が足りず分解し切れなかった睡眠物質が蓄積されると、認知症の原因物質でもある異常細胞のアミロイドβに変わり、脳の神経細胞を死滅させます。若いうちはすぐに弊害が起きませんが、35歳過ぎから認知症や鬱、五大生活習慣病のリスクが高くなります」(菅原さん)

 睡眠不足は美容に悪いだけでなく、将来の健康を脅かすことになるということを頭に入れておきましょう。

週末の寝だめはOK? 寝不足解消は10分でもいいので積み上げて

 平⽇は自分の適正な睡眠時間に⾜りていないという人は、休⽇を利⽤して睡眠不⾜を補うのがおすすめです。

 「睡眠負債をためずに生活できれば理想的ですが、まずは最低6時間睡眠を死守して。平日は昼休みに目を閉じて脳を休めて乗り切り、休日は早寝遅起きで平日のリズムと極端にズレないようにしながら不足分を補いましょう」(三橋さん)

 また、平日でも、早く帰宅できる日は、10分でも15分でも睡眠を積み上げることが大切だと菅原さん。

 「不足している睡眠を補うには、10分、15分でもいいので、早寝をして睡眠時間をコツコツ積み上げて、睡眠の絶対量を増やすこと。15分早寝をすると、1カ月で7.5時間を稼げる計算です。睡眠を1日単位で考えず、月・年単位の絶対量で捉えましょう」(菅原さん)

 私たちは、規則正しい生活=就寝時間を一定にすると考えがちですが、起床時間が一定であれば、早く寝る分には、眠りのリズムに影響しないそうです。

 次回は、「夏の快眠」についてお届けします。

この人に聞きました
三橋美穂
快眠セラピスト
三橋美穂さん
寝具メーカーで商品開発や枕のアドバイザー育成などに携わった後に独立。全国での講演や執筆活動を通して、眠りの大切さや快眠の工夫を提案。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』(かんき出版)など。

菅原洋平
作業療法士
菅原洋平さん
民間病院の精神科勤務後、国立病院機構で脳のリハビリテーションに従事。現在、東京・千代田区のベスリクリニックで睡眠外来を担当。「アクティブスリープ指導士養成講座」を主宰している。
特集「仕事がはかどる睡眠術」目次
(1)睡眠は時間より質が大事? 眠りの常識ウソ・ホント(この記事)
(2)夏の快眠ワザ6つ エアコンはつけっ放しにしてOK?(8月11日公開)
(3)美容、学習、減量…寝ながらできる、最強の「ながら」作業(8月22日公開)
(4)仕事の生産性を上げるための戦略的睡眠のススメ(8月25日公開)
(5)「眠れない!」から脱却しよう タイプ別・不眠解消法(8月29日公開)
(6)アンケートで分かった! 読者の睡眠のリアル(8月31日公開)

聞き手・文/中島夕子 イラスト/森のくじら


★日経ウーマンオンラインに関する簡単なアンケートにご協力ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識働き方お仕事術暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ