• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

好きな人の「ファン」になってない? 恋愛に進む手順は

2016年10月28日

恋人候補にエントリーするためのマインドセット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

“失恋ホスト”としてこれまで1000件以上の恋愛相談に乗ってきた桃山商事のメンバーが、読者から寄せられたお悩みに対し、すぐに使える実用性の高いアイデアを伝授します!

“失敗のパターン”を打開したいというカナさん

 今回取り上げるのは、「好きな人ができるものの、毎回“相手に彼女ができた”のパターンで失恋に終わる」というカナさん(30歳)からのお悩みです。まずは相談文をご紹介します。

***

 半年前まで、同じ職場の元カレを引きずっていました。毎日顔を合わせるため、いつまでも忘れることができませんでした。美空ひばりの息子に似たその彼には、すでに新しい彼女がいたので、つらい日々でした。

 そんなふうに鬱々と過ごしていたところ、新しい恋の予感がありました! よく行くセレクトショップの時計屋のお兄さんです。しかもその人、私の学生時代の幼馴染の知り合いということが判明し、さっそく飲み会をセッティングしてもらいました。そして、飲み会は滞りなく終了。連絡先を交換したもののいい感じになるでもなく、どうデートに誘ったらいいか悶々としていました。そうこうしているうちに、時計屋のお兄さんには彼女ができてしまいました……。

 でもその後、また新しい恋の予感がありました! 職場の暑気払いに来ていた、近所のバーで働く男の子です。黒髪パーマに白シャツで、見た目が好みでした。イケメンだったので、モテる部類の人であることが一目でわかりました。彼が働くお店にこまめに通っておりましたが、ある日「彼女ができた」ことを知りました。

 でもその後、また新しい恋の予感がありました! 仕事の取引先の、五郎丸に似た人です(以下略)……といったパターンの繰り返し感じで、好きな人ができても、誰ともうまく行きません。この状況を打開するには、どうしたらいいでしょうか?(30歳・カナ)

***

 以上がカナさんからのお悩み相談です。さて、この状況をどう考えていけばよいでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ