• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性が抱える「恋愛の4大お悩みジャンル」とは?(4/4)

2017年10月6日

桃山商事インタビュー前編「なんで私じゃダメなの?」「本当にこの人でいいのかな?」の悩みに答えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

お悩みジャンルその2「本当にこの人でいいのかな」

~こんな悩みのあなたに~
・デート相手にピンと来ない
・「タラレバ」ばかり言っている
・不倫に走りそう
・彼氏との将来が描けない
・ダメ男に惹かれがち

――この悩みを持っている人に共通する特徴はありますか?

清田 「なんで私じゃダメなの?」のケースとは逆で、この悩みを抱きがちなのは、「彼氏や恋人候補はいるものの、あまりピンと来ていない」という状態にある女性たちです。どちらかというと自分が「追いかけられる」側で、主導権を握っている。自分の意志次第でどうにかなるけど、本当に踏み出していいのかを悩んでいる状態ですね。

森田 自分が置かれている状況や相手に対して、どこかで違和感を感じてしまっているんですよね。

清田 相手への漠然とした「違和感」は感知しているけど、何が「問題」なのかをはっきり認識しているわけではない。もちろん、違和感があるならやめたほうがいいという話かもしれませんが、アラサー女性たちは出産願望の有無に限らず「妊娠のリミット」という時間的な制約を意識していて、例えば「ここで別れたら、次の彼氏と出会うまで1年、付き合って3年、そうしたら子どもが産めなくなるかも……」といった発想が背景にあったりするので、簡単に割り切れる話ではない。

森田 相手の職業や年収、資質といった「条件」が違和感に勝ちそうになることも往々にしてあります。ただ、自分で自分をごまかそうとしても、現実として「悩んでいる」わけです。だから出発点として、自分が抱いている違和感自体をちゃんと肯定してあげることが必要だと思っています。

――「この程度の違和感ならいいんじゃないか」と思いたくなります。

清田 違和感ははっきり存在しているのに、「好条件」や「周りからの声」といった要素にコーティングされて、見えなくなっている。でも、「条件が良いからここには目をつぶろう」という発想は危険です。勘や直感という身体が発しているシグナルは最も信頼できるものなのに、それを無理やり論理でねじ曲げようとしているからです。

「違和感」の理由が分かれば解決できる

――では、違和感を感じたらどうすればいいのでしょう?

森田 自分の中の違和感を、ひとつひとつ言語化していくことが有効だと考えています。

清田 違和感って、最初はぼわーっとした低解像度で知覚されるものだと思います。言語化というのは、違和感の輪郭をはっきりさせて解像度を上げていく作業ですよね。自分が感じているのはどういう気持ちなのか、それはどうして発生したのか……など、言葉で追いかけていく。そうやって違和感の正体をつかむことができれば、そこから先は「話し合う」なり「別れる」なり、具体的なアクションが取れるようになる。

――違和感の正体が分かると答えが見えるということですか?

森田 明確な答えが分かるというよりも、それが自分の働きかけによって乗り越えられる違和感なのかどうかが見えてくる、といったイメージでしょうか。それは相手と話し合って擦り合わせしていくことで解決できる違和感かもしれないし、自分ではどうにもならないものであることが分かるかもしれないわけです。だから「どうにもならないなら撤退する」という選択肢を持っておくことも必要だと思います。

清田 嫌だったことが何かに気づけたら、「嫌だ」と言ってみることもできるかもしれません。

森田 ただ同時に、相手は自分ではないので、違和感があるのは当たり前だという前提を認識しておくことも大切ですよね。

清田 違和感が相手のせいか、自分のせいか、関係性の中に発生するものなのか。それは許せるのか、許せないのか──など、いろいろはっきり見えてくるわけで、だから違和感を無視せず拾っていくのは前向きなことではないかと考えています。

――なるほど、ありがとうございます! 後編では、「男ってなんなの?」「好きな人すら見つからない」の2つのお悩みジャンルについて、お話を伺っていきます。

*後編はこちら→ 恋の悩み 掘り下げると「孤独への不安」にたどり着く

聞き手・文/飯田樹 図版出典/「生き抜くための恋愛相談」


桃山商事さんの新刊
「生き抜くための恋愛相談」

著者:桃山商事
出版:イースト・プレス
価格:1400円(税抜)
Amazonで購入する

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ