• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性が抱える「恋愛の4大お悩みジャンル」とは?(3/4)

2017年10月6日

桃山商事インタビュー前編「なんで私じゃダメなの?」「本当にこの人でいいのかな?」の悩みに答えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

オールorナッシング思考から抜け出すには?

「グラデーション思考」へシフトしよう 出典/「生き抜くための恋愛相談」

清田 例えば、片想いから抜け出すには最終的に告白するしかないけれど、そこにつきまとう恐怖心は馬鹿にならない。なので、まずは「付き合いたい」という漠然とした言葉で認識している関係性を因数分解して、「あなたが相手と取り結びたい関係はこういう感じですよね。だとするなら、ひとつずつクリアしていくという発想もありかもしれません」という視点を提供していきます。

仮に断られたとしても、すべてを否定されたわけではないのです 出典/「生き抜くための恋愛相談」

森田 「オールorナッシング思考」では全肯定か全否定になってしまうので、とにかく勇気を要します。誰だって告白を拒否されることは怖いはずです。それはまるで、自分を否定されることのように感じられるからです。でも、NOを言われたのはそこから先の関係であって、それまでの関係を否定されたわけじゃない。だからこそ、「部分的な承認か、部分的な拒否か」という「小さな賭け」を続けて、少しずつ進んでいくという発想もありだと思うんです。これが上の図でも紹介している「グラデーション思考」のすすめです。

清田 オールorナッシング思考だと、追い詰められるとイチかバチかの行動に出てしまうというリスクもあります。片想いをしていると「今の関係を失いたくないけど、今の関係のままでいるのもつらい」というジレンマに必ず陥ります。その状態が続いて疲れてしまい、やがて「当たって砕けろ!」と極端な行動に出てしまうのもオールorナッシング思考の特徴です。でも、グラデーション思考で一歩ずつ進めていけば、「これはほぼ付き合っているのでは?」という状態に持っていけるかもしれない。これが本書で提示している「告白の確率を上げる方法」です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ