• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

月イチ生理をもっと楽にする方法

働く女性の生理事情 周期の管理から使用アイテムまで(3/3)

2017年7月14日

基礎体温は記録しない? タンポンとナプキン「併用派」も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

王道アイテムはナプキン、話題の月経カップも

 アンケートの中でも目立ったのが、「立った瞬間にドバッと出る」という回答。下着や衣類に漏れてしまわないかが心配ですが、皆さんどんなアイテムを使って予防しているのでしょうか?

Q6:生理の際に使用しているアイテムを教えてください。(複数回答)

 生理中に使うアイテムは、いわゆる市販の「生理用ナプキン」が1位(96.8%)。2位以降は「タンポン」(24.4%)、「おりものシート」(17.6%)、「布ナプキン」(6.8%)、「月経カップ」(1.4%)と続きます。生理中に使うアイテムは、やはり(市販の)生理用ナプキンが圧倒的に主流のようです。

 また、少数派ではあるものの、「肌の負担が少ない布ナプキンを使う」(36歳・会社員・サービス)、「家では布ナプキン、お出かけのときは使い捨ての紙ナプキンを使用する」(34歳・教職員)という布ナプキン派もいれば、海外ではポピュラーで、日本でも最近話題となっている月経カップを、「旅行のときや温泉、プールに行くときに使用している」(39歳・会社員・医療福祉関連)、「血液の不快感がない」(25歳・会社員・情報通信)という人もいました。

快適に過ごすため、複数のアイテムを使う「併用派」多し

 生理中の経血を気にしたくないため、複数のアイテムを使っている人もいました。皆さん、あの手この手でブルーデーを乗り切っているようです。

Q7:複数のアイテムを使用している方に伺います。アイテムの使い分け方を教えてください。

「2日目、3日目はタンポンとナプキンを併用します。その後はナプキンのみを使用」(30歳・会社員・製造)

「始まってから多い間は、タンポンとナプキンを併用。4日目くらいからは軽い日用のナプキンのみ」(39歳・会社員・医療福祉関連)

「出血が多い日や、出張などで出歩く日はタンポンをメインに使用。やはり快適度はタンポンのほうが上なので。念のため、薄手のナプキンを併用するようにしています」(25歳・団体職員)

「多い日は羽根付きの長時間用タイプのナプキンを利用し、4日目位からおりものシートに替えます」(40歳・会社員・製造)

「そろそろ始まるかなと思われる日と終盤は、肌の負担が少ない布ナプキンを。それ以外と多い日は夜用ナプキンで対応します」(36歳・会社員・サービス)

「念のため、生理予定日の1日ぐらい前から当日まで布ナプキンを使用し、多い日の2日目から(市販の)生理用ナプキンを使用する」(39歳・会社員・医療福祉関連)

 ナプキンは出血の量に応じて、「昼でも夜用を使う」「羽根付きを使う」という答えが多く寄せられ、軽くなってからは「おりものシートに替える」人もいました。

 また、意外に多かったのがナプキンとタンポンの併用派。「多い日はナプキンとタンポン」「旅行や外回りなど、なかなかトイレに行けないときは併用する」という人もいました。今は生理用品もバラエティーに富んでいるため、皆さん上手に使い分けているようです。

 次回は生理が憂鬱になる原因の一つ、「生理痛」の実態に迫ります。

文/三浦香代子 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ