• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

実は自分が原因、あなたの仕事が増え続けてしまうワナ

2016年9月16日

「自分でやるほうが早い」と仕事を抱え込んでいませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

働く女子たちをもっと元気にする連載「ビタミンシネマ」。今回は吉田修一さん原作の映画『怒り』をお届けします。すぐに自分で背負い込んでしまって、気が付けば仕事が終わらない――なんてことはありませんか? もう少し部下や後輩を信じて、任せてみることも大切かもしれません。

自分でやったほうが早いからと仕事を抱え込んでいない?

 難しい仕事、ややこしい仕事、そして説明しにくい仕事――誰かに任せるより自分でやってしまうほうが早い!と思うことってありますよね。指示を出したり説明したりしている時間がもったいないし、むしろその時間で終わらせられると考えてしまいます。

 もしくは、どうせ一度伝えたところで理解してもらえないだろうとか、自分の時は教えてもらわなくてもできたから、いつか勝手にできるようになるだろうとか……。

 しかし、そうやって抱え込んでいても自分の仕事が減らないし、もう一段階上の仕事に取り組めない原因になっているかもしれません。もっと部下や後輩を信じて、仕事を任せてみてはいかがでしょうか?

 そこで今回おすすめしたいのは、信じることの怖さと難しさ、そして大切さを学ばせてくれる映画『怒り』です。

見終わったあと、今日から父を「おとうちゃん」と呼んでみたくなります  (C) 2016「怒り」製作委員会
【ストーリー】
ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。事件から1年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる。

何をもって相手を信じるのか

 そもそも、誰かを信じようとするとき、そして信じるとき、あなたは何で判断していますか?

 過去?
 態度?
 それとも目?

 本作では、素性の知れない3人の男に関わる人々が、「信じたいけど、疑ってしまう」という気持ちに苦しんでいます。

このカップルは、かなり濃厚! でも……切ない (C) 2016「怒り」製作委員会

 過去について分からないことばかり。聞いても答えてくれない。どこに住み、仕事は何をしていて、そもそも本当の名前なのかも分からない。それでもその人のことが好きだから信じるしかない。

 でもこれは、仕事においても同じことが言えるかもしれません。

 部下や後輩に仕事を頼む場合、任せても大丈夫だと信じるしかないわけです。かならず期待に応えてくれる、もしくはそれ以上のものを出してくれると。どんな仕事をしてきたのか、どの案件なら持ち味を一番生かしてあげられるのか、得意としていること、苦手としていること、本人が気が付いていないことも含めて考慮しなくてはいけないこともあるかもしれません。

 しかし、どんなに多くの要素があったとしても、最後には自分で決めたことがすべてです。つまり、相手を信じると決めた自分を信じなければいけません。

 ただ残念ながら、どれだけ信じたとしても報われないことがあります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
永井 勇成
永井 勇成(ゆうせい)
映画紹介を得意としているライター。「日経ウーマンオンライン」「シネマズ by 松竹」で映画コラムの他、複数のメディアで執筆中。企画・編集・執筆・モデルを提供するカンパニオの代表で、ぱくたそではフリー素材モデルとして不倫素材や、記者風素材を提供している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ教養・マナー

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版