ホラー系の作品は絶対に見ません。そう決めている方も、どうしようもなく暑い夜には怖い映画で涼むのも一つの方法かもしれません。飲める方は、楽しいお酒とともに見てみてはいかがでしょうか?

 怖いのは苦手な映画ライター、ゆうせいです。寝苦しい夜が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? こんなに暑いのならちょっとホラーでも見て涼しくなろうかな……なんて思っても、いざ見るとなるとやっぱり怖いですよね。

 そんなとき、お酒好きな方ならば、いっそのことお酒の力を借りてみてはどうでしょう。心地のよいほろ酔い気分なら、恐怖も3割くらいは減る気がしませんか?

 というわけで今回は、ホラーやサスペンス系の作品が苦手でも、お酒とともに楽しみたい作品を3つご紹介したいと思います。

かっこいいキアヌが悪魔と戦う話「コンスタンティン」

 まず最初にご紹介する作品は、キアヌ・リーブス主演の「コンスタンティン」です。


【コンスタンティン】

出演:キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ他
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
Amazonで購入する

 本作は悪魔払いをなりわいとする男・コンスタンティンが一人の女性に出会ったことで、単なる悪魔払いではなく天国と地獄を巻き込んだ恐ろしい戦いに巻き込まれる物語です。

 主人公が悪魔払い師なので、当然ながら悪魔が出てきます。そして悪魔に取りつかれた人も多く出てきます。もちろんどっちも怖い。

 まずキアヌが登場してすぐに悪魔に取りつかれた少女が出てきますので、早めに酔っ払っておくとよいでしょう。ある意味そこの恐怖に打ち勝つことができれば最後まで大丈夫です。

 ストーリーが非常によくできているので、天使と悪魔になじみが薄い日本人でも興味深く、抵抗なく没入できます。また、地獄も出てくるのですが、海外の地獄もやっぱり怖くて本当に地獄です。

「コンスタンティン」観賞にオススメのお酒 「赤ワイン」

映画と赤ワインって合いますね (C) PIXTA

 イケメン鑑賞にはやっぱり赤ワインが合う気がします。