• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

愛の物語の裏にある、野獣よりも本当は怖い 人間の○○

2017年4月21日

やっぱり究極のラブストーリーってこれですね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

実写版のリアルさは、人間の狂気がより強く描かれ、その卑しい心こそが野獣なのではと気付かせてくれます。

野獣がイケメンに見えてくるから不思議です (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニーランドも好きですが、お酒が飲めるディズニーシーが大好きなライター、ゆうせいです。いよいよ「美女と野獣」の実写版が公開となりました。

 本作、女性はもちろん、男性でもかなりの方がアニメ版をご覧になっていると思うのですが、いつも通り極力ネタバレなしでコラムをお送りいたします。

【ストーリー】
一人の傲慢な王子が、その振る舞いが元で魔女に呪いを掛けられ、醜い野獣の姿に変えられてしまう。人間に戻るためには、魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散ってしまう前に、誰かを心から愛し、愛されなければならない。さもないと永遠に野獣のまま……。希望を失いかけていたときに村の娘ベルと出会う。美しいベルと、醜い野獣の出会いは、果たして奇跡を生むのか?

人間はインセンティブ(報酬)よりもパニッシュメント(罰)で動く

イケメンかつマッチョでも自己中過ぎる男は論外です (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 呪いによって醜い野獣に姿を変えられてしまう。物語ではよくある展開ですが、その走りといってもいいのが本作です。

 生まれながらにして何もかもを手にしている王子が、人の気持ちを理解せず、自分勝手に傲慢な振る舞いをしたことがきっかけで魔女に呪いを掛けられる。自業自得といえばそれまでなのですが、人間は野獣にされると徐々に素直になれるようです。

 「千と千尋の神隠し」のように名前を変えられるのもつらいですが、醜い野獣に姿を変えられたら誰もが落ち込むだけ落ち込んで、「マジでちゃんとしよう」と思いますよね。

 言い換えれば、罰を与えられるとなると必死になるということ。例えば、仕事で結果を出せばインセンティブを支給するといわれても、頑張る人はごく一部です。そもそも、それらの人はインセンティブがなくても頑張る人です。

 しかし、結果を出さないと罰を与える、具体的には減給、降格すると言われると、誰もが必死になります。出来高で報酬をもらうことより、今の自分の収入が減ることのほうがリアルに想像できるからです。

 そして、取られたら取り返し、二度と奪われないように気を付けるようになるのです。

 とはいえ、本当に恐ろしいのは人間のなかに巣食う野獣のような心なんですけどね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
永井 勇成
永井 勇成(ゆうせい)
映画紹介を得意としているライター。「日経ウーマンオンライン」「シネマズ by 松竹」で映画コラムの他、複数のメディアで執筆中。企画・編集・執筆・モデルを提供するカンパニオの代表で、ぱくたそではフリー素材モデルとして不倫素材や、記者風素材を提供している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ