• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

家計簿はつけるべき 誰でも必ず続くコツはたった1つ(4/5)

2016年10月12日

どうして家計簿は続かないのか?その理由は2つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

続いている人はどう管理しているのか?

 家計簿をつける最大の目的は、自分の収支の様子を把握することです。収入に対して支出が上回っていないか? 支出の中で大幅に使い過ぎている費目がないか? を確認できれば、目的の9割以上は達成できます。「10月12日に新宿駅前のコンビニで298円のチョコレートを買った」のような詳細は、ここでは必要ありません。それなのに、この情報を記録するのに手間がかかっていては、重要な目的を達成する前に疲れてしまいます。

 一人暮らしの勤労者の生活費は月に平均で約18万円(2015年度家計調査 家計収支編 単身世帯・勤労者世帯)、2人以上の世帯でも約31万円です。300円程度の支出は、全体の0.1%程度にすぎません。この詳細を厳密に記録することよりも、多少の誤差はあっても、「今月の生活費のうち、日用品は約8千円で約4.5%」のように概況を把握する方がずっと大事です。

 ですから、いろんなものを買ったときには、メインで買ったものに費目をまとめて記録してみましょう。たとえば「チョコレート298円、洗剤198円、ティッシュ238円、シャンプー980円、合計1,714円」のレシートなら、まとめて「日用品1,714円」と記録します。記録は、1レシートにつき1つだけ。こうすると、家計簿を付けるのがぐっと楽になります。

 でも、それでは正確に家計の管理はできないのでは? と不安に思うかもしれません。もちろん、きちんと記録できるときはするに越したことはありません。ただ、大事なのは続けることです。続けられるように、まずは「ハードルを下げてみること」から始めましょう。続くコツはこれです。

 そして、家計を分析するときには、食費、通信費、交際費、被服費など、ほかの費目に比べて金額が大きいものに目星をつけて、その詳細を探っていきましょう。レシートごとにまとめて記録をしていると、家計簿の記録自体は大雑把かもしれません。でも、「9月14日、△△ドラッグストア、日用品、●●円」などと記録してあれば、「なんだか先月はドラッグストアでのお買い物が多かったな」と、おおまかなお買い物の傾向をつかめるはずです。

 傾向をつかめたら、ムダ遣いが潜んでいそうなところについて「ドラッグストアではいつも何を買っているんだろう?」と、細かいことを思い出してみます。「そういえばドラッグストアではいつも化粧品を買ったな」など、何かしらの心当たりが出てくるはずです。記録によって概況をつかみ、記憶によって詳細を分析するというわけです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
加藤梨里(かとう・りり)
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表 保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。監修を担当した最新刊は『ガッツリ貯まる貯金レシピ』『年金世代のしあわせ家計簿』
マネーステップオフィス株式会社:http://moneystep.co/
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ