• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

9月から年金保険料アップ 給与明細のどこを見るべき?

2016年8月31日

この機会に給与明細の見方の基本を覚えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

お金を貯めることが最大の目的になって、「貯蓄疲れ」していませんか? 働く女性の相談を受けることが多いFPの加藤梨里さんが、これまで受けた相談を紹介しながら、お金やライフプランの課題を解決していく「お金が増える!使い方講座」連載。第8回の今回は、9月から引き上げられる厚生年金保険の保険料について。私たちのお給料の手取りにもかかわるところですから、ぜひチェックしておきましょう。

厚生年金の保険料はいくら上がる?

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの加藤梨里です。あっという間に8月ももう終わり。9月は秋への季節の変わり目であり、お金の面での節目でもあります。そのひとつが厚生年金の保険料。

 9月から、厚生年金保険の保険料が引き上げられるって知っていましたか? 今月分(2016年8月分)までは17.828%(一般被保険者)という保険料率だったのですが、これが18.182%にアップします。

 といっても、料率の数字を見ただけではどれくらいの負担なのか、いまひとつピンとこない人が多いのではないでしょうか。そこで保険料の金額をみてみましょう。厚生年金の保険料は、おおよその月収の平均である標準報酬月額に料率をかけた金額です。たとえば月収が20万円の人なら、現在の保険料は17.828%をかけた月3万5656円です。このうち半分は勤務先の会社が負担しますので、自己負担は1万7828円です。9月分から料率が18.182%にアップすると、自己負担は1万8182円になります。月に約350円の負担増ということになります。一見小さな金額ですが、1年分にすると約4000円ですから、意外と侮れませんよね。

 そして、負担アップはこれだけではありません! ボーナス時の保険料もアップするのです。次のページでお話しします。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
加藤梨里(かとう・りり)
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表 保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。監修を担当した最新刊は『ガッツリ貯まる貯金レシピ』『年金世代のしあわせ家計簿』
マネーステップオフィス株式会社:http://moneystep.co/
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ