• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

家賃は収入の何%が正解?入居後の値下げテクも紹介

2016年8月10日

家計のなかで最も大きな支出「住居費」を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

お金を貯めることが最大の目的になって、「貯蓄疲れ」していませんか? 働く女性の相談を受けることが多いFPの加藤梨里さんが、これまで受けた相談を紹介しながら、お金やライフプランの課題を解決していく「お金が増える!使い方講座」連載。第6回の今回は、働く女性の家賃についてお話します。

家賃を収入の3割に抑えていない人も多い

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの加藤梨里です。もうすぐお盆休み。帰省や旅行などの計画を立てている人もいることでしょう。日常と違った環境に身を置くと、リフレッシュした気分になりますよね。

 環境を変えるといえば、住む場所を変えるのも一つです。秋になると引っ越しをする人も多く、そろそろ新しい住まいを探し始めている人もいるかもしれません。

引っ越しを考えるときについて回る、家賃の問題。

 よく、家賃の目安として「手取り月収の約3割まで」といわれることがあります。手取り月収が18万円の人なら、6万円前後が予算になります。ですが、首都圏で働いている女性の家計を見ていると、現実には3割を超えている人が少なくありません。それは、都市部の家賃相場が高いことに加え、女性の場合にはこだわるべき条件が多くなりがちなためです。

 東京都の家賃相場を見てみると、一人暮らし向けのワンルーム、1K、1DKタイプの部屋の場合、4万円台~12万円です。23区外は比較的低く、都心に近づくほど高額です。また、23区内の相場はどこも6万円を超えており、手取り18万円の場合には3割を超えてしまいます。

 次のページでは、目安である「約3割」に収める方法について考えみましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
加藤梨里(かとう・りり)
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表 保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。監修を担当した最新刊は『ガッツリ貯まる貯金レシピ』『年金世代のしあわせ家計簿』
マネーステップオフィス株式会社:http://moneystep.co/
関連キーワードから記事を探す
マネー暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ