美しい字を書きたい。そう願う人は、今も昔もたくさんいるはず。パソコンやスマホが普及した現代生活の中で、手書きの機会は少なくなりました。とはいえ、その出番がなくなることはありません。働く女性は、どんなシーンで美文字へのニーズを感じているのか、読者アンケートや読者座談会、そして大ヒットシリーズ『美文字練習帳』の監修・手本を手掛ける美文字研究家の青山浩之さんによるアドバイスなどをお届けします。
短期間で結果を出したい初心者ややり直したい人にもぴったり!
『1ページ5分! の速習版 いちばんやさしい はじめての美文字練習帳』
本体690円+税(日経BP社/2016年6月30日発売)

大ヒットした「美文字練習帳」シリーズの最新作。初心者でもやり直しの人でも短期間で必ず結果を出せる速習版です。働く女性がビジネスやプライベートでよく使う言葉やフレーズを厳選し、段階的に薄くなるなぞり文字で効果を実感しやすいプログラム。教科書の監修を長く手掛けてきた青山浩之氏の確かな指導ノウハウが詰まっています。
Amazonで購入する
BP書店で購入する
楽天で購入する

【大ヒットシリーズ】
第1弾『美文字練習帳』(2011年10月発売)
第2弾『おとなの美文字練習帳(行書編)』(2012年10月発売)
第3弾『やさしい美文字練習帳(ひらがな&カタカナ編)』(2013年11月発売)