• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一人暮らしで貯蓄1000万円女子、幸せのリアル

「男性のお金が目的でしょ」に奮起、1500万円貯蓄

2018年6月27日

お金が貯まったら男性への意識も変わった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 大きなお金を貯めた人は、何がきっかけで「貯蓄のスイッチ」が入ったのでしょうか。今回登場する31歳の一人暮らし女性は、先輩女性から「お金目的で男性と付き合っている」と言われて貯蓄に奮起。当初の約10万円から、6年あまりで1500万円を貯めました。貯蓄によって男性への意識も大きく変わったという彼女に詳しくお聞きしました。

貯蓄が増えると面白くなって無駄遣いが減り、さらに貯蓄が増える! (C)PIXTA
A・Sさん(31歳)
看護師
独身、一人暮らし

手取り年収:480万円
貯蓄(投資)総額:1500万円
人生幸福度:70点

――31歳で一人暮らしのA・Sさん。貯蓄に目覚めたきっかけが、「お金目的で男性と付き合っているよね」と言われたからだと伺いました。

 「はい、25歳の頃、職場の先輩女性に言われたんです。同僚の前で『相手の職業を選んで付き合っていない?』『結婚相手は、やっぱり高収入狙いなんだよね』と。私は看護師で、出会いが医療職の人しかいなくて、確かに付き合ってきた人は医師や歯科医が多かった。『単なる職場恋愛だけどな……』と思っていました。

 男性の看護師とも出会いますが、相手の仕事を分かり過ぎてしまうとぶつかりそうで、お付き合いの相手としては避けてきたんですよね。医師なら、お互いの仕事がなんとなく分かって程よい距離感を保てるので、お付き合いがうまくいくと感じていました。

 ですから、決してお金目的で付き合う相手を選んでいたわけではなかったのですが、『自分がお金を持っていればそんなことを言われないかも!』と考えました。それで、貯蓄をすることに興味が出てきたんです」

――ちなみに、お付き合いをしている相手は、お金を出す場面ではいかがでしょうか。

 「基本的に、男性がお金を出してくれることが多いですね。食事や映画のようなちょっとした金額はほぼ毎回出してもらえますし、旅行も多めに出してくれたり……。でもそんな話をしたら母親にも『相手の職業でお付き合いする相手を選ぶなんて、あなたの感覚はおかしい』と叱られてしまったんです。決してそんなつもりはないのに、先輩にも母親にもとがめられて、『貯蓄をして自立している姿を見せるぞ!』という意識がますます高まりました(笑)」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネー働き方お買い物・節約術暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ