貯蓄をする際、ひとつの目安を「1000万円」にしている女性は多いようです。日経ウーマンオンラインでは、一人暮らしの女性を対象に「貯蓄」に関するアンケートを実施。その結果を3回シリーズでご紹介します。第2回の今回は、一人暮らしでも1000万円以上貯めている人の貯蓄法と家計管理術などを探ります。

【アンケート概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2018年4月27日~5日20日
◎有効回答数:124人
◆平均年齢38.2歳、一人暮らし歴10.6年、会社員(一般職)55.6%
◆記事中の平均値は、有効回答を基に算出しています。
お給料から、まず先取りするのが効率よく貯めるワザ (C)PIXTA

 アンケートに回答してくれた一人暮らしの女性は合計124人。そのうち、貯蓄1000万円未満は83人、1000万円以上は41人です。この2グループを比べていきましょう。

 まずは、貯蓄方法について聞いてみました。

 貯蓄1000万円未満・以上グループのどちらも、「毎月、給料から必ず一定額を『先取り』で貯蓄している」が貯蓄の方法のトップでした。しかし第2位を見ると、1000万円以上のグループは「毎月、給料から必ず一定額を『残して』貯蓄している」(22.0%)であるのに対して、1000万円未満のグループは「給料が残ったら貯蓄するが、使い切る月もある」(20.5%)。1000万円以上を貯めるためには、「毎月、給料から必ず一定額を貯蓄に回す」というルールを作っておくことが大切なようです。